夫の浮気を辞めさせる方法

夫の浮気相手女性に償わせるにはどんな準備がいる?

夫の浮気相手女性に償わせる最大の方法は、慰謝料請求です。
慰謝料は、浮気相手の女性にも請求できます。

そして、その請求は、精神的なダメージを与え、自分の行為がいかにおろかで、間違ったことだったのかを認識させられます。

では、慰謝料請求には、どのような準備が必要で、どんな手順で行うのか、具体的に説明します。

ステップ1・慰謝料請求は可能?

不倫、浮気相手に慰謝料を請求するには、

・あなたの婚姻関係が完全に破綻してないこと
・浮気、不倫相手が、夫のことを既婚者だとわかっていたこと
・既婚者とははっきりと認識はしてないものの、浮気相手が自らの意思で肉体関係を結んだこと

の3つの確認が必要です。

ステップ2・証拠を集めよう!

ホテルの出入りの様子、キスや性行為の瞬間を捉えた写真は、浮気の決定的な証拠になりますが、素人がそれを撮るのは、現実的ではありません。

自分一人の力で浮気の証拠を集めるには、まず、携帯電話の記録を入手しましょう。
最近なにかと世間を騒がせているのが、ラインのやりとり。

やり取りの内容によっては、これもちゃんと浮気の証拠になります。
またメールの送受信履歴、二人が親密であることがわかる写真や動画などをプリントアウトしておきましょう。

次に、レシートや明細書も重要。
浮気の証拠が分かるものなら、何でもとっておきましょう。

これといった浮気の証拠が見つからない場合は、費用をかけて探偵事務所、興信所に依頼するほかありませんね。

興信所や探偵事務所は、調査のプロですから、理想的な浮気の証拠をつかんでくれるでしょう。

ステップ3・浮気相手の情報を入手する

慰謝料請求の方法は、3つ。
口頭、電話、郵送です。

いずれの場合も、浮気相手の名前、住所・職場の所在地などは必要なので、最低限のプロフィールを入手してください。

どうしても、情報が得られない場合は、探偵、興信所に相談しましょう。
その際、浮気相手の家族構成、勤務先、交友関係等まで幅を広げ、情報を入手しましょう。

ステップ4・慰謝料の額を決める

慰謝料の額は、浮気であなたが受けた精神的損害の度合い、過去の判例、浮気相手の支払い能力などを考慮して決定します。

できるだけ請求額を高くしたいという気持ちはよく理解できますが、だれの目にもこれはちょっと、という額ではダメです。

また浮気相手が到底払えないような金額に、応じるわけもありませんね。
それでも、浮気相手に、あなたが望む金額を支払ってもらいたいなら、訴訟を起こしてください。

ただし、訴訟には多額の費用と長い年月、労力などが負担となり、あなたの人生までめちゃめちゃになりますよ。

金額を決定するのが難しい場合は、弁護士、行政書士など法律の専門家に相談することをおススメします。

ちなみに、一般的な慰謝料の相場は、100万から300万。
場合によっては、もっと少ない50万程度になることもあります。

慰謝料には、基準があるわけではないので、希望通りの額を請求したいなら、やはり一人で考えず、専門家に相談するのが賢明です。

探偵探しのタントくん
「旦那が浮気している?」できるだけ慰謝料ぶんどってやる方法!旦那から慰謝料をぶんどるには「浮気、不倫の相談から裁判で有利な証拠取得まで」やってくれるのは探偵事務所! その信頼できる探偵事務所を無...

ステップ5・請求方法を決める

慰謝料請求の方法は、3つあります。

・直接浮気相手に会って慰謝料を請求する
・電話、メールで慰謝料を請求する
・内容証明郵便など書面で郵送する

直接会って請求する場合

早期解決を求めるなら、直接あって請求するのがおススメですが、浮気相手に直接会うのは、とても危険ですね。

女同士、感情的になって、口論に発展する可能性があります。
請求の仕方によっては、脅迫罪で浮気相手に訴えられることもありますので、第三者を入れるなど対応しましょう。

冷静に対応できない場合は、この方法はおススメできません。

電話、メールで請求する場合

電話やメールは、とても楽に請求できる方法です。
ただ、浮気相手が「聞いてない」「メールは届いていない」といったり、請求者が「ちゃんと請求した」「メールは送った」と言い合ったりと、水掛け論になる可能性があります。

内容証明郵便で請求する場合

内容証明郵便は、慰謝料の額、支払い期日、などが記載された書面を郵送して請求する方法です。

浮気相手の居住地、勤務先等送り先に決まりはありません。
相手が拒否しない限り、確実に浮気相手のもとに届くので、3つのうち、最も有効な手段です。

ただし、相手に確実に配達された、受け取ったという証拠がなければいけないので、「配達記録つき書き留め郵便」で送りましょう。

また、内容証明で郵送する書面は、相手に到達してから効力を発します。
しかし、相手が受け取らない場合も考えられますが、効力を発するのは、中身を確認したときではなく、浮気相手が、通知されたことを知りえる状況にあるときです。

その点については、弁護士、司法書士のアドバイスどおりにしてください。

ステップ6・和解契約書・和解書の作成

浮気相手が、慰謝料の請求に応じ、支払いもすると約束したら、今度は示談書作成します。
示談書とは、和解契約書、和解書のことで、浮気相手と妻の話し合いの内容が合意し、決着したなど、解決時に結ばれる書面となります。

示談書は、慰謝料をしっかり払ってもらうためにも必要ですが、

・夫に近づかない
・二度と浮気はしない

等を約束させるためのものにもなります。
これは、法的効力があるので、それを守らなければ法で裁かれます。

ステップ7・公正証書を作成しよう

慰謝料の請求額によっては、一括で支払うことが難しく、分割になるのが一般的です。
ただ、分割になった場合、浮気相手の状況によっては、途中で支払いが滞ることも予想されます。

支払いをスムーズにし、全額受け取るためには、実は、示談書だけでは不十分なのです。
万が一、慰謝料の請求が滞ったら、即座に浮気相手の財産を差し押さえられるようにするのが、強制執行認諾約款付公正証書です。

これを作成しておけば、いざというとき、訴訟を提起することなく、慰謝料で受け取るはずの金額分の財産を差し押さえることが可能です。

公正証書や公証人役場で、作成が依頼できます。公正証書作成に要する費用は、こちら公証事務手数料のサイトで確認できますので、参考にしてください。

以上が、夫の浮気相手女性に慰謝料を請求し、浮気を反省させ、償わせるために必要な書類と手順です。

少々面倒で、時間はかかりますが、これはあなたが受けた精神的なダメージに比べれば、容易いですよね。

あなたが受けた以上のダメージを浮気相手にもしっかり感じてもらいましょう。

最後に:この7ステップを簡単にするには?

ここまで、読んで頂いたのですが上記の7ステップはかなり大変な思いをしなければ到達できないものですよね。
ただでさえ浮気されて、気が滅入っているのに、こんなにたくさんやらなければいけないなんて考えられない事でしょう。

それで、ご紹介したいのが「浮気、不倫の相談から裁判で有利な証拠取得まで」やってくれ、裁判の相談などにも乗ってくれる「探偵さがしのタントくん」

探偵探しのタントくん
「旦那が浮気している?」できるだけ慰謝料ぶんどってやる方法!旦那から慰謝料をぶんどるには「浮気、不倫の相談から裁判で有利な証拠取得まで」やってくれるのは探偵事務所! その信頼できる探偵事務所を無...

一人で悩んで、苦しんで、前に進めないのであれば、無料で相談できるこちらのサービスを利用してみましょう。
きっと新しい道が見えてきますよ。


↓浮気調査の窓口はこちら↓
探偵探しのタントくん
『探偵探しのタントくん』

『浮気の無料相談窓口直通』
0120-189-287
(通話料無料)


夫の気持ちが離れているとお悩みの方

  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

夫が浮気をしているのかでお悩みの方

  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?