浮気に関する豆知識

離婚を考えたら!データで見る「離婚」で生じるメリット・デメリット

データで見る「離婚」で生じるメリット・デメリット
  • 夫の繰り返す浮気に絶えられない
  • 夫はわたしの事を女としてみてくれない
  • 性格が合わない気がする

等、夫とこのまま一緒にいていいのだろうか、わたしの人生は、もうずっとこうなのだろうか。
もし、そんな気持ちで離婚を考えているなら、答えを急ぐのは禁物です。

以下に、離婚で生じるデメリットやメリットなどをまとめています。
「離婚」を決意する前に、もう一度足を止め、何が幸せなのかを考えてみませんか?

1000人当たり1,81人が離婚!?これって多い?少ない?

厚生労働省が発表した「2015年人口動態統計の概況」によると、婚姻件数63万5156組に対し、離婚件数22万6215組。
およそ3組に1組の夫婦が離婚している事が分かります。

ただ注意したいのが、この数字は、調査年に結婚した夫婦、そして調査年に離婚した夫婦の対比であるということ。
昨今の日本は、晩婚化であるのに加え、婚姻件数自体も減少傾向にあるため、調査年の婚姻と離婚件数を単純に比較してしまうと、離婚件数が多いように感じる可能性が。

そこで、日本と世界の離婚率を比較してみました。

世界主要国の離婚率第1位は「ロシア」!その数日本の約2.7倍

G8加盟国の離婚率は次のとおり。
第1位ロシア4.7、第2位アメリカ2.8と続き、日本は、第6位の1.8。

世界と比較すると、意外にも日本は、かなり少ないという事が分かります。
つまり、日本は、世界的にみても離婚率は、極めて低く、また国内においても、離婚はまだまだ珍しく、殆どの夫婦が何かしらのトラブルを抱えていても、なんとかその危機を乗り越え、絵離婚を回避している、という事が分かります。

「離婚」で生じるデメリットって?離婚後幸せになるのは難しい?

次に知って欲しいのが、離婚で生じるデメリットです。
「幸せになりたくて離婚するのに、デメリットが生じるなんて・・・」

と思うとすごく辛いですが、覚悟してくださいね。
と、その前に、国内の都道府県別の離婚率を紹介します。

都道府県人口1000人あたりの離婚率、第1位は、沖縄県、2位が宮崎県、福岡、鹿児島と九州地方が目立ちます。
逆に、離婚率がもっとも低いのは、山形、新潟と、北陸が低い事が分かります。

そして、同時に国内の都道府県別貧困率を調べて見ました。
第1位が沖縄県で、その原因となっているのが、実に「母子世帯率」の高さ。

沖縄県は、母子世帯率、そして児童扶養手当の受給率ともに全国のおおむね2倍。
そして、鹿児島が第3位。

鹿児島は、一人当たりの県民所得が47都道府県中45位と低く、各世帯の貧困率に繋がっているようです。
この結果を受け、考えて欲しいのが、離婚後、真っ先に生じるデメリットは、「生活苦」。

特に、お子様を抱えての離婚には、大きなリスクがある、という事だけは、しっかりと認識してください。

たったの20%!?離婚後の養育費はほとんど期待できないのが現実

ちなみに離婚後、別れた夫から養育費が受け取れると、安心されている方も多いようですが、残念ながらそれは期待できません。
厚生労働省発表の「養育費の支払い状況」調べでは、1983年で11.3%、年々支払い状況は改善しているものの、2011年で19%と、かなり低い数値。

また全体の6割以上がまともに養育費を受けておらず、さらに2割では、養育費の受け取り相談すら行なわれていないという状況です。
養育費は、お子様の成長に不可欠。

お子様を育てながら、仕事を続けることも難しく、離婚後とたんにお子様を巻き込んだ生活苦になる事は明白。

その他の離婚で生じるデメリット

  • 手続きの「面倒」
  • 新しい家探しの苦労
  • 就職の難しさ
  • 孤独
  • 親族関係の悪化

等があります。

夫の暴力、ギャンブル、浮気等が原因の離婚では、メリットも多数!

もちろん、離婚することで、得られるメリットもたくさんあります。
何度相談しても、改善の兆しが見られないギャンブルや依存症、その他、浮気や夫の暴力などに長く我慢し続けるより、離婚することで、そのストレスから解放されます。

解放されたとき、自分だけの時間をゆったりと過ごすこともできますし、女としての人生を再び歩く事もできます。
場合によっては、ステキなパートナーを見つけ、今度こそ幸せな結婚生活が手に入る可能性だってあります。

ただし、それには、離婚前にやらなければならないことは、たくさんあります。
例えば、専業主婦の場合、収入源となる夫と離婚したとたんに、仕事を探す必要があります。

そのためには、仕事ができる自分でなければいけません。
長く専業主婦だった女性が簡単に仕事先を見つけられるほど、世の中は甘くありませんし、経済状況も良いとはいえません。

1日3時間ほどのパートを見つけることすら、大変な壁となりうる可能性があります。
また、もう一度「女」としての人生を歩むには、怠惰な体と心では、ステキな出会いを見つけることも不可能。

今のうちに、魅力的な自分になる努力が不可欠。
その他、離婚で生じるデメリットをカバーし、メリットを多く得るための準備が必要です。

ただ、夫の暴力などで一刻の猶予もないという場合には、まずは専門家に相談してください。
決断が遅くなることで、人生が大きく変わってしまう危険性もおおいに考えられるため、素人判断で耐える事は禁物。

今すぐお近くの相談窓口、もしくはご近所やご家族、友人など、誰かに相談するようにしてください。

「データで見る「離婚」で生じるメリット・デメリット」まとめ

「離婚」を考えたら、一度立ち止まって!
昨今の離婚事情をデータでみることで、今まで気づけなった事が見えるから。

要点をもう一度確認します。

  • 離婚率1位は、貧困率1位に!

    離婚率、貧困率ともに国内トップの沖縄県。
    母子世帯率、児童扶養手当の受給率も他県の倍以上で、離婚による生活苦が深刻。

    離婚は、両親だけでなく、子供の人生をも大きく狂わす。

  • 養育費わずか20%!

    離婚後、別れた夫からの養育費は、期待薄。
    さらに、離婚後、仕事を見つけることの難しさ、人間関係、孤独などの問題も。

  • 離婚をプラスにする準備を。

    離婚で生じるデメリットをカバーし、プラスにするには、離婚前からの万全な準備が不可欠。
    後悔しない離婚をするためにも是非この情報を参考にしてください。


どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方

  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決

パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方

  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法