浮気に関するQ&A

妻の浮気で離婚、それなのになぜ夫が養育費を払うの?養育費って何?

養育費とは何か

妻の浮気が原因なのに、自分が養育費を払うなんて納得できない!
と、眉間にシワを寄せていますか?

それは、「養育費」について、ちゃんと分かっていないからです。
ここでは、浮気が原因で離婚となった場合の養育費について説明します。

これを読み終えたあとは、素直に養育費を支払う気持ちになるので、ご安心ください。

離婚時に定める主要条件の一つ「養育費」は父母間の分担です

養育費とは、離婚の際に、子供の監護養育をするために必要な費用です。
浮気で精神的ダメージを受けた、夫婦に損害を与えた、内容の慰謝料とは異なり、離婚の責任の有無は関係ありません。

子供の養育に必要不可欠な費用なので、父と母の分担です。
一般的には、子を育てる母親側に、離れて過ごす父親側から支払われる事が多いのですが、逆もあります。

養育費の支払い義務は、収入が少ないからといって、支払い義務を怠る事はできません。
支払う余力がなくても、それにより自分の生活質が低下しても、同じように生活を保障するという強い生活保持義務が根底にあるので、きちんと支払いをしなければいけません。

もちろん、一緒に生活する母親には、養育費という名目での支払いはないものの、子供の安定した生活を維持する目的で、掃除洗濯、料理などに正しい費用を使わなければなりません。

浮気などが原因で離婚しても、法律上の親子関係は、以前と何一つ変わりません。
そのため、離れて過ごす親は、子供が経済的に自立するまで、原則、毎月、定期的に支払いする事を義務付けています。

それぞれの家庭で異なる「養育費の水準」、相場は?

離婚後、養育費は、一体どれくらい支払っているの?
正直、離婚後、新たな自分の生活基盤も整えなくちゃならないのに、養育費まで発生するのは、少々不安ですよね。

まず、夫婦間の話し合いがスムーズに進められるならば、その際、養育費についても自由に定めることができます。
そのため、養育費は、各家庭の数だけあり、相場がいくらか、というのはいえません

中には、離婚と同時に職を失い、新たな仕事も見つけられないという父親は、月1万円の養育費を妻に支払っているというケースもあります。
逆に、子供のためならと月に30万以上の養育費を支払い続けている父親、子供が成人になってもいまだに養育費として、支払い続ける父も存在します。

基本的には、夫婦双方の収入面などを考慮し、バランスよく金額を決めるのですが、現実には、婚姻期間中における生活水準も養育費に影響を及ぼします。
なかなか養育費が決められないという場合は、家庭裁判所で利用される「算定表」を参考に、養育費を調整してください。

算定表の見方

算定表は、家庭裁判所のホームページに掲載されています。
夫婦それぞれの収入や子供の人数と年齢により、一目で養育費が分かります。

注意点としては、これは、完全な指標になるわけでなく、例えば、公立学校の進学を全体に算出しているため、もしもお子様が私立の進学を希望しているなら、養育費が、家庭裁判所掲載の算定表の金額では、不足が生じます。

その場合は、費用を改めて、不足分を補うようにしてください。
また、同じ収入であっても、各家庭で生活費の支出額は違います。

算定表はあくまでも、参考であって、それに全く一致させてしまうと、生活の質が悪くなる事もありますので、十分理解し活用してください。

養育費をしっかり請求するための「家計簿」

養育費の請求額にスムーズに納得して頂くには、「家計簿」の存在は大きくなります。
離婚協議において、養育費の話し合いがスムーズに解決するご家庭の奥様は、生活費用の実態につき、ことこまかく相手に説明する事が出来ます。

その時、活躍するのがこまめに記録し続けてきた「家計簿」です。
そこには、次ごとの生活費、子供にかかる費用、今現在の貯蓄などが細かく記されています。

離婚協議ではじめて、自分の生活費用の実態を知った、と語る男性も多いほど、男性は、自分のお給料がどのような形で使用されているのか分からないケースが多いのです。

そのため、いざ、「養育費を支払ってください」と言われても、納得できないのでしょう。
そんな男性には、明確な記録で、納得して頂き、養育費について、ちゃんとした額で支払ってもらうのが重要です。

それを実現するためにも、家計簿は必要です。
ただ、家計簿は、日々コツコツと続けるものですから、すでに離婚協議に入っている方は、生活実態の証明を別の形でできるように努力しましょう。

離婚までにまだ時間がかかる、そろそろ離婚しそうだという場合は、離婚時に備え、今から家計簿をつけておくのも悪くないと思います。

養育費って、どんな風に支払う?一括、それとも毎月払い?

養育費支払いの方法も夫婦間で決めるのが一番良い方法です。
ただ一般的には、毎月払いを選択します。

そのほうが負担なく、続けることが出来るからです。
しかし、お子様が成長するまでに、かなりの時間があります。

その間、滞りなく毎月支払うのは、すごく大変です。
途中、リストラにあったり、お給料が減額されたり、自分のために使ったりなど、今までの通り支払う事ができない事も。

事実、養育費をきちんと支払い続けている方は、全体のほんのわずかとまで言われています。
そのため、現在では、夫婦の取り決めにより、お子様が成人になるまでの額を一括で支払う人も珍しくありません。

しかし、そこでも問題が生じます。
お子様の養育費として受け取り、お子様のために活用しなければならない費用を、母親が自分のために使うというケースもあるからです。

その結果、子供が基本的な生活を送ることができないという問題が生じます。
それを回避するのが、養育費の取り決めを定めた公正証書です。

公正証書は、万が一契約どおりに養育費が支払われない場合は、養育費が使用されなかった場合に、効力が発揮されます。
また支払った養育費の使途が不明、子供のために本当に使っているのか、疑わしいという場合は、専門家に相談し、養育費使用の開示を求めるといいでしょう。

その結果、養育費が減額する事も。

妻の浮気で離婚、それなのになぜ夫が養育費を払うの?養育費って何?:まとめ

養育費とは

離婚の際に、子供の監護養育をするために必要な費用。
そのため、離婚や不倫、浮気とは一切関係なく、夫婦の間で分担となる。

相場は?

養育費に相場はない、ただし家庭裁判所掲載の算定表が参考になる。
夫婦の収入、子供の数、年齢である程度の額が分かる。

支払い方法は?

養育費は、基本月払い。
ですが、お子様が成長するまでの額を一括で支払う事もできる。


どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方

  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決

パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方

  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法