浮気に関するQ&A

浮気した側から離婚請求できる?有責配偶者の請求を認める3つの条件

有責配偶者の請求を認める3つの条件

離婚は、いかなる理由でも双方が納得すると成立します。
そのため、たった1回の浮気でももちろん離婚できます。

ただし、浮気した側から離婚請求は原則NGです。
今回は、よく知ってそうで意外と知らない離婚と浮気について説明します。

離婚は、夫婦間合意があれば可能。しかし浮気した側からの請求が難しい?

まず、離婚は夫婦で話し合い、それに合意したら、いかなる理由でも成立します。
性格の不一致、価値観の相違、セックスの相性が悪かった、なんとなくなど、夫婦で「離婚しようか」という意見が一致したら、書面にサインしそれを役所に提出するだけで、離婚成立となります。

しかし、両者の合意が得られない場合は、家庭裁判所への調停申し立てや、裁判訴訟で話し合うことになります。
その時、最高裁は、夫婦のどちらか浮気した側から相手に対しての、離婚請求を認めていません。

そのため、たった1回の浮気でも、家庭裁判所への調停、裁判訴訟になった場合は、浮気した側から、離婚してと請求するのは、出来ないのです。

浮気した側(有責配偶者)から離婚請求が出来るのは次の3つの条件を満たす時

1、長い間別居生活が続いている

長い間別々の住居で生活し、現在も生活をともにしてない場合、浮気した側(有責配偶者)から離婚を請求できます。
実際の裁判で、浮気した側からの離婚請求が認められたのは、別居期間が10年弱あった場合です。

この状況から、夫婦関係は良好ではなく、実質的に夫婦ではなかったと判断されるからです。

2、夫婦には、自立していない子供がいない

未成年で、または経済的に自立していない子供がいる場合、離婚で経済的に困るという配慮から、離婚を認めていません。
ただ、最近では、未成熟子がいても、経済的に困らないような環境であれば、離婚を認めているケースもあります。

3、離婚することで相手に過酷な影響を与えない

離婚を請求された側が離婚を請求される側に、著しい精神的苦痛を与える、社会的、経済的に追い込む心配がないというのが、3つの目条件。
離婚請求された側の収入が多い場合は、離婚が認めらやすくなります。

以上のことから、たとえば、夫との間に子どもはなく、10年弱長く別居生活をしていて、その間浮気した専業主婦の妻が、収入の多い夫に離婚を請求する事はできます。
逆に、妻との間に子供がいて、夫婦関係は、ひどく悪化しているものの、一つ屋根の下で生活している。

その間、浮気をしてしまったという妻よりも、高収入の夫側からの離婚請求は、相手に著しい損害を与える可能性が高い、として離婚請求が却下されるケースがあります。

焦りは禁物!浮気した側からの離婚請求の際の注意点

いかなる理由にせよ、浮気は、いけません。
ましてや、浮気した側(有責配偶者)から相手に離婚を請求するなど、立場は極めて不利な状況です。

そのため、1日でも早く離婚に応じて欲しいのに、相手が一向に首を縦にふってくれないからといって、焦ってはいけません。
話がこじれるほど、問題解決は遠のき、さらには、家庭裁判所への申し立て、裁判訴訟となると、ますます立場は悪くなります。

浮気した側(有責配偶者)から離婚を請求し、それに応じてもらうためには、夫婦間の話し合い(協議離婚)で解決できるようにしましょう。
そのためには、相手の気持ちを落ち着かせるため、一定の慰謝料というものが必要となる場合もあります。

また、支払うべき金額は、できる限り相手の要求に応え、相手が現在、浮気について、どこまで証拠を握っているかなども把握しておくようにしましょう。

浮気した側(有責配偶者)の注意点

ちなみに、浮気された側は、強気で挑んで大丈夫です。
しかし、強気になるには、それなりの浮気の証拠が必要です。

絶対に離婚請求に応じたくないなら、浮気の証拠を徹底的に収集してください。
ただし、訴訟で勝っても、夫との不仲が解消されず、別居期間が長くなり、未成熟な子供も成人になり自立すると、いずれは、離婚が成立しますので、それまでにはなんとか夫婦関係の修復を図らなければいけません。

ただ、浮気した側(有責配偶者)から、離婚を請求された今、あなたに対する愛情は、殆ど残されていないと思われるため、心身とも疲弊する離婚問題を長引かせるよりは、離婚を受け入れ、新しい人生をスタートさせたほうがいいという事もあります。

浮気した側(有責配偶者)から離婚請求できる?請求を認める3つの条件:まとめ

以上をまとめると

・浮気はたった1回でも離婚できます。
ただし、浮気した側(有責配偶者)からの離婚請求は、原則NG。

浮気した側(有責配偶者)からの離婚請求が認められる条件として

  • 別居期間が10年弱続いている
  • 夫婦の間に未成熟、自立していない子供がいない
  • 離婚で相手に損害を与えない

上記3つの条件に該当した場合は、浮気した側からも離婚請求できます。


どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方

  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決

パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方

  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法