浮気探偵の使いどころ

浮気調査を探偵等の調査会社にをお願いするメリット

探偵等の調査会社に浮気調査をお願いするメリット

もくじ

探偵等の調査会社に浮気調査をお願いするメリット

国内には多数の調査会社があり、各種の調査依頼を受けて業務を行なっています。

探偵会社や興信所が取扱う調査依頼の種類は広範囲に及ぶもので、法人を対象とした企業調査はもちろん、個人の信用調査から結婚調査、浮気調査、採用調査、素行調査、所在調査、ストーカー対策まで多岐にわたります。

そうした調査会社のうち、浮気に関連する調査を専門とするのが「浮気調査のプロ」です。

浮気調査のプロは大きく分けて2種類あります。

・浮気調査、不倫調査を専門に行なう探偵事務所
・一般調査もするが浮気調査専門部門のある探偵事務所

いずれも浮気調査の専門知識と実績のある調査会社であり、同じ浮気調査をするなら専門性の高い「浮気調査のプロ」に依頼すべきといわれています。

次に、そのメリットを詳しく見ていきましょう。

調査ノウハウが豊富である

浮気調査のプロの最大のメリットのひとつが「専門知識とノウハウ」です。

人間関係に深く関わる浮気調査はデリケートな問題をたくさん抱えているため、単に浮気の調査したり対象を尾行するだけでは問題解決には役立ちません。

調査対象に気付かれないように細心の注意を払い、なおかつ一日も早く結果を出すためには浮気調査のプロならではのノウハウが必要となります。

浮気調査のプロは豊富な経験と実績から導き出したノウハウを持っています。

そこから調査対象の行動の予測や分析にも馴れており、迅速でミスや失敗のない調査を行なえるというメリットもあるのです。

尾行ひとつ見ても、浮気調査のプロとそうでない調査員では結果が違ってきます。

調査用の専門機材を使用できる

浮気調査は一般の人が予想している以上に難しいものです。

誰であれ浮気をする際は他人の目に触れないように注意を怠らず、できるだけ人の目に触れないよう目立たないように行動しています。

そんな調査対象の行動を調べ、さらに浮気の証拠を手に入れるためには「プロならではの専門機材」が必要になります。

例えば浮気の密会は夜間に行なわれる事が多いのですが、夜間撮影のための暗視用カメラを使用できるか否かは大きな違いです。

また、調査対象者の近くに行けない時でも撮影が可能な望遠レンズ付きの高性能光学カメラも浮気調査には欠かせません。

こうした浮気調査用の専門機材を自由自在に駆使しているのが浮気調査のプロなのです。

専門家との連携が取れる

浮気調査のプロの探偵事務所では、離婚や別離などのトラブルに備えて専門家と提携しているところが多数あります。

何かあった時に事務所から弁護士などの専門家を紹介してもらえたり、専門家の立場からアドバイスを貰うことができると大変助かりますね。

また調査だけでなくカウンセラーが相談に乗ってくれるサービスを実施している場合もありますので有効に活用してみてはどうでしょうか。

浮気調査に探偵を使うメリットは?個人でも出来そうだが・・・

1.真相を解明できる

パートナーが浮気しているか否かは、推測や思い込みだけでは判断する事ができません。

「何だか怪しい」「多分、浮気している」と考えたとしても、実際には浮気ではない可能性もあってモヤモヤしてしまう人もたくさんいます。

浮気探偵に調査を依頼すると、ハッキリ浮気をしている現場写真などの証拠を手にする事ができて真相を解明できます。

真実を知るのは怖い事かもしれませんが、モヤモヤと不安に苛まれているよりスッキリできるというメリットがあるのです。

2.ミスや失敗がない

浮気探偵の調査では、複数のプロの探偵が依頼に基づいてリサーチを行ないます。

たとえば対象となる人物の尾行でも、2~3名以上の探偵が調査に当たりますのでミスや失敗が起こりにくいというメリットがあります。

テレビドラマなどを見ると尾行は簡単というイメージがありますが、現実には混雑した繁華街での調査や対象者が車やタクシーを使うなど素人には困難なものです。

しかし、複数の調査員によるリサーチならミスや失敗がなく効率的です。

3.浮気相手の調査もできる

パートナーの浮気で最も気になる事の一つが浮気相手の身元や人物です。

浮気相手で多いのは職場の上司や同僚、部下、子供の友達の親、趣味のサークル仲間、幼馴染みや旧友、同級生、水商売の人などですが、合コンやお酒を飲む場で知り合った異性というケースもあります。

これだけ広範囲の対象からパートナーの浮気相手を知るのは素人には難しい事です。

浮気探偵の調査で相手の事を詳しく知りたいと依頼すれば、さらに詳細なデータを得る事もできます。

4.専門ノウハウによる調査

浮気調査で難しいのは、対象となる人物が「常に人目を避けている」という点です。

簡単にいえば、できるだけ人に見つからないように行動しているという意味で、知り合いに出会う可能性の少ない場所での密会や出張・帰省のフリをした浮気旅行といった具合です。

当然の事ながらパートナーに見つかるような場所での浮気はしませんから、素人が浮気の証拠を握ろうとしても無理な事が多いのです。

浮気探偵はこのような事情に精通しており、対象となる人物がいくら隠そうとしても事実を突き止める事ができます。

5.高度な機材を使用している

浮気をする人の多くは人目のない場所や人に見られにくい暗い場所などでの密会を好みます。

こうした場所では浮気現場写真の撮影などは難しいものですが、浮気探偵は高度な機材を使用して確かな証拠写真を撮影します。

また、乗用車やタクシーの追跡尾行でも、専門の追跡車両を使用しますので姿を見失うなどの失敗も少ないというメリットがあります。

プロに浮気を調べてもらうと分かる3つのポイント

本当に浮気をしているのか?

パートナーに浮気疑惑があっても、本当に浮気をしているかどうかは分かりません。

もしかすると浮気をしているかも…という疑いだけでモヤモヤして苦しんでいるよりも、プロの力を借り手真相をハッキリさせる事ができるのは大きな収穫です。

浮気探偵は浮気の物的な証拠を掴んでくれるのでモヤモヤはなくなります。

もしパートナーと話合いをするなら、浮気の現場写真などの証拠を相手に示す事もできるので言い逃れされる心配もありません。

どんな人と浮気をしているか?

恋人や配偶者の浮気で気になるのは「どんな相手なのか」という事です。

浮気の相手は職場の上司や部下か、高校や大学時代の旧友なのか、元カレや元カノなのか、それとも自分の知っている人なのか…と悩む事も多いでしょう。

浮気探偵の調査によってパートナーの浮気相手が分かれば気持ちも落ち着きますし、今後の対処法や気持ちのありようも自然に決まってきます。

どの程度の浮気なのか?

ひと口にパートナーが浮気しているといっても、その程度は人によって千差万別です。

浮気が始まったのはいつからなのか、浮気相手とはどのくらい続いているのか、密会の頻度はどのくらいなのか等々、ポイントになる事は何点かあります。

こうした浮気の程度を詳しく調べる事ができるのも浮気探偵のメリットといえるでしょう。

さらに、二人がどこで密会しているのか、どんな会話をしているのか等々という点も調査できますので、かなり詳細な情報を得る事ができるのです。

浮気探偵に依頼するメリット

パートナーの浮気を探偵に調査してもらう為にはある程度の費用が掛かります。

その費用に見合うメリットがあるか否かは大切な問題で、依頼するかどうかを決めるポイントの一つにもなるでしょう。

浮気探偵の第一のメリットは「素人には探れない事まで調査できる」という点です。

プロならではの専門知識や機材を用い、一般の人ならば探り出す事ができないパートナーの浮気の状況を知る事ができるというのは大きなメリットといえます。

こうした浮気の証拠を手にした時、大きなショックを受ける人もいるかもしれません。

しかし、パートナーの浮気の実態や浮気相手のプロフィールを知らなければ、どのような対応をしていったらいいのか分からない事は確かでしょう。

浮気探偵の調査によって現実を直視する事により、今後の二人の関係を見直していく大事な機会を得られるというのもまた事実なのです。

一般人の自分や友人に頼んで浮気を調べるのはリスクが大きい!

恋人や配偶者の携帯・スマホをチェックできる?

恋人や配偶者が浮気中であるかどうかを調べるには、携帯電話やスマートフォンをチェックするという方法があります。

携帯やスマホには送信・受信メールが保存されており、浮気相手とのやりとりがあればそれだけで分かるという事もあるでしょう。

これは、ちょっと考えると簡単に見える方法ですが、実際にやってみようとすると意外に難しい場合もあるようです。

たとえば浮気がバレるのを警戒している人は携帯やスマホにロックを掛けていたり、トイレや風呂に入る時も必ず持って行くなどの工夫をしています。

このような状況では恋人や配偶者といえども、パートナーの浮気の証拠を掴むのは容易ではありませんね。

友達に協力してもらえばOK?

パートナーの浮気をチェックするのに友人の協力を仰ぐという人もいます。

顔見知りの友達なら、さり気ない会話の中で探りを入れたり、相手の反応を見て浮気の有無を判断するといった方法もあります。

また、パートナーに顔を知られていない友達なら、怪しい行動を取りそうな日に尾行してもらうというような方法も考えられます。

信頼できる友人にパートナーの浮気チェックを頼むというのは合理的な方法に思えます。

しかし、現実には会話の中でちょっとくらい探りを入れた程度では浮気の有無を見抜くのは困難です。

ましてや素人の友人に尾行調査を頼んでも混雑した街中では相手を見失ったり、逆に人が少ない場所では尾行に気付かれたりしてしまいます。

自分でパートナーを尾行できる?

浮気調査では尾行が基本で、ほとんどの浮気探偵も尾行を実行しています。

この尾行というのは対象となる人に対し、本人や周囲に気付かれないように跡をつけるという調査方法で、テレビの刑事ドラマなどでよく見かけるものです。

ただし、実際の尾行はテレビドラマのように簡単にできるものではありません。

なぜなら、尾行の対象となる人物は自由に行動しているのであって、跡をつけている人間の思うようにはならないからです。

一例を挙げると、道を歩いている途中で急に思い付いて引き返して来たりコンビニに入ったりという行動や、普通に歩いていると思ったら突然タクシーを止めて乗り込んだりといった行動もします。

また、駅から電車に乗り込まれたりした時、どの駅で降りるか見張るのも素人には難しいものです。

本気の浮気調査はやはり専門家に任せる

パートナーの浮気をチェックするのは誰でもやっている事かもしれません。

しかし、自分で相手の携帯やスマホをチェックしたり、相手の行動を探るべく尾行をするという行為には「パートナーに知られた時のリスク」が存在します。

自分が疑っている事が知られると一気に信頼を失う恐れがあります。もしくは逆に怒りをかってしまう事もあります。

もしパートナーの浮気をチェックしたいなら、やはり調査のプロである専門家の探偵に任せるのが良いのではないでしょうか。

自力で恋人・配偶者の浮気調査するのが大変な理由4つ

お金と時間と手間が掛かり過ぎる

パートナーの浮気チェックが携帯やスマホを覗き見するというレベルなら大きな苦労はありません。

しかし、パートナーの浮気の現場を押さえようとしたり、証拠写真を撮るとなるとお金も時間も予想外が必要になってきます。

なぜなら、浮気現場を押さえる為の張り込みや尾行には数日~数週間程度掛かるのが標準的で、時には1カ月以上も対象者を見張り続けるというケースもあるからです。

さらに対象者がタクシーを使ったり、レストランや居酒屋に入れば店内まで着いて行かないと決定的な証拠は得られない為、その費用なども必要になってきます。

もしも、かなりな時間と金額を浪費しても結果が出なければ、骨折り損のくたびれ儲けでプロに頼んだ方が安かったという事になります。

素人レベルでは難し過ぎる

自分でパートナーの浮気調査をするというと、一見カッコイイ行動のように感じます。

何となくスパイになったような気分になるかもしれませんが、現実にはかなり怪しい行動が目立ってパートナーに気付かれてしまうケースが多いようです。

人間はいくら隠し事をしても、どこかで尻尾を出してしまうものです。

そのいい例がパートナーの浮気で、相手はいくら隠してもどこかでバレてしまっていますね。

それと同じでパートナーの浮気を自分で調査しようとしても、素人レベルでは相手にバレて警戒されるのがオチなのです。

専門機材がないと無理過ぎる

浮気調査にはプロならではの専門機材が必要です。

証拠写真を撮影しようにも、携帯やスマホの写メ機能程度ではお話になりません。

最近では携帯やスマホの写メも進化していますが、遠くから現場写真を写そうとしたり、雨の日や暗がりでの密会を激写しようとしてもボヤけた写真ができあがるだけです。

そうした状況にも対応できる専門機材を使用する浮気探偵と、手持ちの機材だけで頑張る一般人では結果に違いが出るのは当然といえるでしょう。

自分で調べたても浮気相手の素性や期間は分からない

パートナーの浮気が心配になった時、自分で調査してみようと考える人は意外に多いかもしれません。

比較的チェックしやすい携帯電話やスマホの送受信履歴を調べたり、保存されている写メに写っている人や日付けを調べるというのは効果のある方法でしょう。

しかし、そうしたチェックで浮気の疑いが濃厚になった場合、浮気相手の氏名や住所、パートナーとはどんな関係なのかといった諸々の情報を素人が調べるのはかなり困難です。

ましてやパートナーの浮気現場の証拠写真を撮ったり、二人の関係がどのレベルまで達しているかなどの深い情報は素人には得る事はできにくいのです。

素人の浮気調査でよくある失敗例!

例1:夫の尾行失敗で調査挫折

既婚女性A子さんは夫の浮気を疑い、自分で配偶者の浮気の証拠を掴もうと決意しました。

A子さんは夫の終業時間に合わせて会社の前で見張り、夫が建物から出て来たら跡を尾行しようと考えていたそうです。

ところが実際に試してみたところ、会社の出口からは同じようなスーツ姿の男性がたくさん出て来て夫の姿を見つけるだけでも苦労し、さらに尾行しようとしたらすぐに姿を見失って失敗してしまったという事です。

A子さんは「テレビドラマみたいにはいきませんね、素人には尾行なんて無理でした」と語っています。

例2:車で追跡して妻を尾行

既婚男性のB男さんは妻の怪しい行動から浮気を確信していました。

そこで、ある時、休日出勤をするフリをして妻の行動を見張る事にしたのです。

B男さんが会社に行くと言って家を出て建物の陰に隠れて自宅を見張っていると、案の定、妻が自家用車で出掛けて行くのを見たのです。

「やはり」と思ったB男さんは借りておいたレンタカーで追跡したのですが、30分も走らないうちに妻の車が急停車して中から本人が降りてくるではありませんか。

妻はB男さんのレンタカーに怒り心頭で詰め寄り、「何で私の跡をつけてるの?いったい、どういう事?」と問い詰められてしまったのです。

B男さんは「素人の尾行は不自然だから、すぐに妻にバレて大喧嘩になりましたよ」と反省しています。

例3:浮気現場を写真で撮影

OLのC子さんは恋人の挙動不審な行動に浮気を疑っていました。

一人で悩んでいても仕方がないので現場を押さえようと恋人の行動を探るうち、携帯電話の履歴から怪しいメールを発見したのです。

それはどうやら浮気相手とのデートの待ち合わせ約束らしいと気付いたC子さんは、密かに密会現場へと赴きました。

すると、愛する恋人が見た事もない女性とデート中。

よし、証拠写真を撮るぞ、とカメラのシャッターを切った瞬間、自動的にフラッシュが焚かれて二人に気付かれてしまいます。

そんなC子さんの行動に恋人は激怒、「結局、別れる事になりました」という結果が待っていたのです。

素人探偵には限度がある

パートナーの浮気調査の目的としては、
(1)誰と浮気しているか
(2)浮気相手と別れさせたい
(3)離婚の際の証拠にしたい

等々が挙げられます。

どんな人と浮気をしているのかという割合に簡単な事でも一般人が調べるのか難しく、それ以上の情報を手にする為には浮気探偵などプロのサポートを受けなければならないでしょう。

浮気調査は素人の手に負えるものではなく、目的に合わせて探偵や興信所を使うなどの手段を取るのが賢い選択です。

浮気調査は自分でやらず専門家に任せるべき理由

恋人や配偶者の浮気疑惑があったら、「自分でチェックしてみよう」と思うかもしれません。

一般の人でもできそうな浮気調査としては、パートナーの携帯電話やスマホのチェックがあります。

チェックポイントはメール履歴と保存写メ、登録者リストで、時間的な余裕があれば詳しく調べてみるといいでしょう。

ただし、浮気中の人は携帯・スマホにロックを掛けている事が多いので、実際に見ようとしても見られない事もあります。

ロックを解除して中身を見る為にはパスワードを知る必要があり、パートナーの誕生日の数字などなら比較的簡単にパスワ破りもできるでしょう。

もしもパスワードが分からないようなら、一般人の知識レベルでは中身を見る事はできません。

浮気探偵に任せるべき事

浮気調査の専門家である浮気探偵には、一般人ではチェックできにくい依頼も可能です。

浮気相手の身上調査
相手の氏名、住所、連絡先といった基本部分から、職業、役職、仕事内容、家族構成、出身校といった詳細な情報まで得る事ができます。

調べてみたらパートナーの浮気相手は職場の上司や部下だった、高校時代のクラスメートだったなどの例も少なくありません。

パートナーの尾行調査
尾行というのは対象となる人の跡をつけて行動を調査するものです。

浮気相手といつ、どこで、どの程度会っているのか、密会の頻度はどのくらいかなどの情報を知る事ができます。

一見、簡単にできそうに感じる尾行ですが、相手に気付かれずに結果を求める為にはプロのノウハウや経験が必要です。

浮気相手との証拠写真
パートナーと相手の浮気の証拠写真が欲しい場合はプロに任せるのがベストです。

写真撮影は素人でもできそうに思えるかもしれませんが、雨天や曇天で周囲が薄暗い時や夜間の撮影は一般人には上手くできません。

浮気探偵などのプロはカメラの専門機材を駆使して必要な証拠写真を撮るノウハウを持っています。

プロに任せる理由は何か?

パートナーの浮気調査を探偵会社などの専門家に任せる最大の理由は「しっかりした情報を得られる」という点と「相手に気付かれずに調査できる」という点です。

浮気調査をするのには必ず目的があり、その目的を達成できなければ調べる意味はありません。

一般の人が自分自身で浮気調査をすると時間や手間ばかり掛かるのに、結果としてたいした情報が得られないのがほとんどです。

一方、浮気探偵などのプロは依頼人に求められる情報をきっちり得られるので目的に合った結果を出す事ができます。

浮気を調べる為の尾行は探偵にお願いすべき!その理由とは

浮気を調べる為の尾行は探偵にお願いすべきその理由

尾行には技術が必要になる

テレビで推理ドラマや刑事ドラマを見ていると、よく容疑者を尾行しているシーンを見掛けます。

何も気付かず歩いて行く犯人を刑事が電柱の陰に隠れながらソッと後を尾けていく…というような光景を見ると「自分にもできるのでは?」と感じた人もいるかもしれません。

しかし、現実的にいえば尾行には確固とした技術が必要であり、一定の訓練なくして成功するようなものではないのです。

もちろん警察関係者は実績ある指導者のもと、しっかりした知識を学んだうえで訓練を重ねていますし、探偵や興信所などの専門家も必要な知識を学習して日々トレーニングを繰り返しています。

そうした日頃の積み重ねなくしては成功しないのが尾行といえるでしょう。

プロならではの技術がある

尾行には大きく分けて「徒歩尾行」と「車両尾行」の2種類があります。

対象者を歩いて尾行する徒歩尾行は尾行の基本ですが、素人には分からない知識や技術が必要です。

  • ほとんど人通りのない道で尾行した際、相手に急に振り向いたり引き返して来たらどうするか?
  • 人通りの多い混雑した大通りで、相手が人混みにまぎれてしまったらどうするか?
  • 尾行の最中、急に信号が変わって相手だけが先に行ってしまったらどうするか?
  • ラッシュアワーの駅の構内やホームで相手を見失わないでいられるか?
  • デパートや大型商業施設などで相手がエレベーターに乗ってしまったら?
  • 混んだ電車、または空き過ぎている電車でどうやったら上手く尾行できるか?

と、ちょっと挙げてみただけでも、素人には対処が難しいシチュエーションが多数出て来ます。

当然の事ですが、探偵会社の調査員はこのような場合どうすればいいのか知っていますし、フレキシブルに対処する知識やトレーニングもしています。

比較的容易といわれている徒歩尾行でさえそうなのですから、プロでも難しいといわれる車両尾行(車の追跡)は一般人には成功は覚束ないでしょう。

尾行がバレた時のリスク

浮気調査で対象者と面識のない第三者が尾行するならバレたとしても重大な問題は起こりにくいものです。

ところが、配偶者や恋人の浮気を自分で調査しようと尾行したとなると、バレた時に大きなトラブルが起こるのは目に見えています。

そもそも自分の行動を見張られてうれしいという人はいませんが、自分の夫(妻)や恋人が尾行していたとなると大事件のような騒ぎになってしまうでしょう。

プロの調査員の尾行がバレる事はありませんが、そのようなリスクを避けて確実な証拠を手に入れる為にも「尾行はプロに任せた方がいい」という事になるわけです。

浮気調査の証拠は裁判や離婚に有利になる!?

浮気調査の証拠は裁判や離婚に有利になる

不貞行為の立証がカギ

日常生活ではあまり耳にする事がない言葉ですが、離婚と浮気の関連で重要になるのが「不貞行為の立証」です。

離婚の話合いや裁判で配偶者の浮気を問題にする場合、口だけで「夫(妻)は浮気している」「間違いなく浮気している」と主張しても意味がありません。

そこで必要になるのが、「確かに配偶者が浮気をしている証拠を出す」=「不貞行為の立証」です。

「不貞行為の立証」とは客観的に見て配偶者が浮気していると納得させられるだけの証拠を提出するという事で、こうした証拠を見せる必要があります。

この「不貞行為の立証」ができるか否かは裁判や離婚で自分が有利になれるかどうかのカギになります。

どんな証拠が必要なのか?

浮気の定義は人によって違いますが、裁判や離婚で必要なのは「配偶者が浮気相手と肉体関係がある」という証拠です。

主な証拠としては次のようなものが挙げられます。

・写真、ビデオ…ラブホテルなどに二人で入る場面

・録音テープ…配偶者が浮気を認める発言を録音

・電子メール…配偶者が浮気をしていると分かる文章

・手紙、日記…配偶者が浮気をしていると分かる文章

・領収書…配偶者の浮気を裏付けるホテルなどの領収書

・明細書…配偶者の浮気を裏付けるクレカなどの明細書

上記のような証拠に加えて次のような証拠もあれば使えます。

・友人、知人の証言…配偶者が浮気をしているという証言

・探偵社、興信所の証言…配偶者が浮気をしているという報告書

いずれの証拠にしても、配偶者に「たまたまだ」「偶然だ」と反論されないよう、しっかりした証拠が必要になります。

やはり最も確実なのは浮気調査のプロに依頼して証拠を手に入れる事でしょう。

夫婦の離婚と浮気の証拠

婚姻関係にある夫婦が離婚する場合、両者の話合いで決めるのが「協議離婚」、裁判所の調停で決めるのが「調停離婚」、裁判の判決で決まるのが「裁判離婚」です。

夫婦の話合いですんなり離婚が決まり、財産分与や慰謝料などでも揉めないのが最良ですが、残念な事にそうはいかないケースは多々見られます。

そうした際に、自分側に有利に離婚を進められるのが「浮気調査の証拠」です。

配偶者が離婚に同意しない、財産分与で揉め事になる、慰謝料請求に応じないといった問題や子供の親権問題など離婚にまつわるトラブルの原因は尽きません。

しかし、配偶者が浮気をしていて、こちら側が確固たる証拠を握っていれば離婚でも調停や裁判でも有利な立場に立つ事ができます。


パートナーの浮気でお悩みの方

  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?