夫の浮気を辞めさせる方法

夫の浮気相手の女を攻めろ!浮気相手から攻略するには?

夫の浮気は、本当にショックです。
その瞬間頭が真っ白になって、何もかもを失ってしまったような言いようの無い喪失感に襲われるでしょう。

浮気した夫に制裁を加えるのは、当然ですが、それでは、怒りを鎮めることは出来ません。
また、夫が浮気を反省したとしても、浮気相手が再び夫を誘惑する危険性もあります。

だからこそ、浮気相手を攻略するのは、絶対に必要です。
既婚者と分かっていながら、夫をそそのかした女にもちゃんと罪を償ってもらいましょう。

浮気相手を攻略するには、「もう二度と浮気はしたくない」と心から思うような方法でなければいけません。

以下に夫の浮気相手を攻める手順を紹介しますので、焦らず、時間をかけて攻略してください。

ステップ1・浮気相手の弱点を見つける

浮気相手に「浮気なんてしなければ良かった」と心から後悔させるには、相手の弱点を見つけることが重要です。

例えば、浮気相手が既婚者の場合、何よりも配偶者に浮気を知られることを恐れているはずです。
さらに、子供が居る場合は、ママ友の間に流れる「あの人浮気しているみたい」という変な噂が、子供の
学校行事での孤立を招くことにも繋がるので、子供を持つ親としては、死活問題です。

次に、仕事である程度の地位にある方、パートやフリーターなど、些細な噂が就業に悪い影響を与える場合も、大問題です。

職場や同僚に知られたくないと、必至に隠すかもしれませんね。
どこをつつけば、浮気相手の女が浮気したことを後悔してするか、その弱点を探しましょう。

弱点を見つけるには、浮気相手の身辺調査が必要です。
24時間の監視や聞き込みによって、ある程度の情報は入手できますが、それが難しい場合は、興信所などを活用するのもおススメです。

ステップ2・浮気相手の交友関係を調べる

次に、浮気相手の女性の交友関係を調べましょう。
中でも、親しくしている男関係を徹底的に調べてください。

もしかすると、夫には、独身、フリーとして接しているのに、実は婚約者や恋人など特定の異性と親密に交際している可能性があります。

その場合、夫もそして恋人や配偶者もだましていることになるので、場合によっては、詐欺行為で訴えることも出来ます。

また、婚約者に浮気の事実を知らせると、結婚が破談になるなどの制裁を加えることも出来ますので、徹底的に異性関係を調べてください。

ステップ3・旦那に内緒で直接対決!

浮気相手の女の弱点をいくつか掴んだら、いよいよ直接対決です。
その場合いくつかのポイントがあります。

一つは、夫に内緒にすること。
夫に気づかれたら当然、阻止されます。

二つ目は、とにかく、見た目をいつも以上に整えてください。
浮気相手の女があなたよりも年下なら、大人の余裕のある女性を演じられるようにしましょう。

また、あなたよりもキレイでスタイル抜群なら、あなたもそれに近づけるよう努力してください。
三つ目は、冷静に対応すること。

グダグダと文句を言うのではなく、正妻という自信を持ち「今後一切夫に会わないでください」と、ただそれだけを伝えましょう。

そして、「今後会うようなことがあればあなたを訴え、慰謝料の請求を行います。これは忠告です」と告げてください。

このとき、優しく微笑む程度のゆとりがあると、なおいいと思います。

ステップ4・最も嫌がる所を攻める

直接対決の忠告を無視した場合は、仕方ありませんが、事前調査による浮気相手の弱点をつつきましょう。

会社に乗り込み、上司に浮気をやめるよう注意してください。と相談するのもいいかもしれませんね。
また、浮気相手のご主人やご両親に直接相談されるのもいいでしょう。

さらに、お子様の学校周辺で、浮気相手の女性に「浮気はしないで!ってあれほどお願いしたのになぜ、やめてくれないの?」と、周囲に聞こえるくらいの大声で怒鳴りつけるのも効果的です。

本当は、そんなことやりたくはないかもしれませんが、直接対決の際の忠告を無視した罰です。

ステップ5・慰謝料を請求する

極めつけは、経済面を攻略しましょう。
浮気に対する慰謝料は、夫だけでなく、浮気相手の女性に対しても請求できます。

慰謝料は浮気で夫と離婚する気がない場合でも請求は可能です。
請求の手順を紹介します。

方法は4つ。
・口頭で請求する
・電話や面談で請求する
・内容証明などの文書で請求する
・訴訟や調停など離婚裁判手続きで請求する

ただ、浮気相手との関係がかなりこじれている場合は、口頭や電話、面談での請求は非常に難しいと考えられます。

もしも強引に請求すると、逆にあなたが浮気相手の女性に脅迫罪等で訴えられる危険性もあるので、行動は慎重にしてください。

また、個人感で慰謝料の請求を行うと、水掛け論になる可能性も考えられるので、できれば、内容証明による請求を実施し、それでも応じない場合は、裁判に手続きをゆだねましょう。

内容証明の書類の作成が難しい場合は、プロに依頼するといいでしょう。
作成にかかる報酬は、1万円から2万円程度。

各事務所によっては、成果報酬制度を設けているところもありますので、お近くの事務所で確認してください。

専門家に依頼した場合、作成代理人として「行政書士名と職印」が入るため、正式な書類だとすぐ分かります。

お堅い肩書きの名と印が入った書類が届いたら、浮気相手はそれだけで、驚くはず。
ちなみに、内容証明は自宅だけでなく、職場に送れます。

書面には、「○月○日までに慰謝料として、○○○○○○円支払ってください。それに応じない場合は、法的手続きが執行されます。」と記載されています。

これを受け取った浮気相手には、「単なる遊び」と思っていた浮気が、ここまで大事になるなんて、とひどくショックをうけ、精神的ダメージを受けることは確実ですよね。

ただ、それよりも夫に裏切られた妻の精神的ダメージは、はるかに大きい。
さらに、精神的ダメージをお金に換算したときの安さときたら想像以上なので、それでまた妻はショックを倍増させ、心身ともに疲れ果ててしまうはずです。

それに比べたら、浮気相手が受けるダメージなんて、かわいいものです。
ちなみに、浮気による慰謝料請求の相場は、テレビでおなじみのアディーレ法律事務所さんのサイトによると、50万から300万程度です。(http://www.adire-isharyou.jp/special/01/)

以上5つのステップが完了するころには、浮気相手の女は、浮気したことを心から悔やみ、直ちに夫から身を引くと思います。

どうしても浮気相手の女が許せないという場合に参考にしてください。


夫の気持ちが離れているとお悩みの方

  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

夫が浮気をしているのかでお悩みの方

  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?