夫の浮気を辞めさせる方法

浮気を何度も繰り返す夫!別れる?懲らしめる?その対処法

「浮気を繰り返す夫との生活は辛い」
「じゃあ、何で離婚しないの?」
「子供のため?それとも経済的な理由?」

そんな掲示板のやり取りをよく目にします。
そして、わたしもいつも思うのです、なぜ、離婚しないのか、と。

たった1回の浮気と何度も繰り返す浮気は、ワケが違います。
これは、既婚者であれば、容易に理解できること。

にもかかわらず、離婚を踏みとどまるのは、「経済的理由」が大きいのではないでしょうか。特に専業主婦の場合、離婚後、収入源を失うのですから、生活の質が途端に悪くなりますよね。

40代、50代という年齢からパートを見つけるのも簡単ではありません。
だから、グッと我慢して、夫婦生活を演じ続けているのではないですか?

でも、対処法によっては、経済的な心配をせず、離婚できますよ。
そこで、今回は、浮気を何度も繰り返す夫と「安心」して離婚するための対処法を紹介します。

ポイントは2つ。

・浮気をしたことを後悔させる
・離婚後の生活の安定を保証してもらう、です。

その前に、何度も浮気を繰り返す夫と離婚したほうが良いと思う理由は、そもそも「結婚不適合者」だからです。

安定が苦手で、堅実さにかける、本能だけで動き、理性が全く働かない、それが浮気を何度も繰り返す男性の特徴です。

それには男性ホルモンのテストステロンが深く関係しています。
テストステロンの多い男性は、見た目がかっこよく、とてもモテます。

そのため女に不自由はしないから、いくらでも何度でも浮気をします。
その上、性欲は旺盛で、理性が働きにくく、何度注意され、何度失敗しても浮気を辞めることはありません。

そして、枠にはまるのが苦手なので、家庭をないがしろにします。
さらに、一人で行動することが大好きで、休日には、家族を放りだして、一人で遊びほうけるでしょう。

そんな夫が今後も妻を、家庭を大切にするとは、到底思えません。
それでも、離婚を踏みとどまりますか?

だから、私は、浮気を何度も繰り返す夫とは、別れるべきだと思うのです。
それを理解した上で、夫と別れるための対処法を参考にしてください。

対処法その1・離婚後のシミュレーションをする

浮気性の夫と離婚の意思が固まったら、すぐ「離婚して」と言ってはいけません。
その前に、離婚後の事をよく考えてください。

子供無しで、専業主婦の場合は、離婚後の住居費、光熱費、食費、その他、1ヶ月にかかる費用を算出しましょう。

もし、お子様がいる場合は、養育費などを含めた金額を具体的に数字にしてください。
また、離婚後は、働く必要性も出てくるので、無職の期間を半年として、その間にかかるさまざまな費用も事細かく数字にしましょう。

そして、1ヶ月、最低どのくらいの金額が必要かを明らかにしてください。
その金額が、夫から離婚の際に慰謝料として受け取る金額の最低ライン、と考えましょう。

対処法2・夫の財産・預金などを調べる

養育費は、夫の生活がギリギリであったとしても、請求額は絶対に支払わなければなりません。
ですが、慰謝料は、明確な基準が無いため、思い通りの額は受け取れないのが現実。

一般的に慰謝料として、離婚後妻が受け取る平均額は、30万から100万程度。
高く手も300万というのが相場ではないでしょうか。

何十年も連れ添い、何度も浮気を注意しその都度我慢してきたのに、たったの30万から300万程度なの?

と、ショックを受ける方も多いでしょう。
でもこれが現実。

だからこそ、離婚を夫に告げる前に、できる限りの調査を行いましょう。
夫の隠し預金、お金になりそうな贅沢品(車やゴルフバックなど)、土地や不動産(実家も含める)、そして年金等、を必ず調べてください。

ただし、夫に知られてはダメですよ。
もしかすると、財産等をとられまいと、離婚の前に隠す可能性がありますので、注意をしてください。

対処法3・浮気相手を調べる

浮気の慰謝料は、夫だけでなく、浮気相手にも請求できます。
相手が独身の場合は、勤務先、実家の事を調べてください。

また、既婚者の場合は、夫の勤務先や財産等も調べてみるといいでしょう。
ある程度の請求額が定まると思います。

対処法4・浮気の証拠を集める

浮気の証拠とは、浮気相手とホテルへ出入りする写真や動画、メールのやり取りなど親密な関係であるとはっきりと分かるものを集めましょう。

その他、レシートやカード明細、なども浮気の証拠になります。
これらの証拠は、万が一裁判になった時に、自分を有利にさせるために必要不可欠なので、大事に保管しておきましょう。

対処法5・最愛の妻を演じる

浮気の準備、慰謝料請求等の準備を完璧に整えても、まだ夫に離婚の意思を伝えてはいけません。
浮気をしたことを後悔させるために次のアクションを起こしましょう。

まず、これまで以上に「良き妻」を演じてください。
掃除、洗濯、料理はもちろん、夫への接し方、話し方、全てにおいて、優しく、笑顔で対応しましょう。

愚痴や嫌な顔は禁物です。
離婚のその瞬間まで、世界で一番と思えるくらい「良い妻」になるのです。

夫が、「妻なしでは、生きていけない」と思うほど、甲斐甲斐しく世話を焼いてください。
これは、浮気した夫に対する最後の復讐です。

ある日突然、離婚届けと慰謝料請求書を置いて出て行くための前夜祭と思えば、そんなの朝飯前ですよね。

もう何度も、何年もずっと夫の浮気に苦しめられたと思いますが、あと少しだけ踏ん張りましょう。

対処法6・最後の日は静かに消える

もう二度と家に戻らないと決めた日の朝は、今までに見せた事もないような笑顔で夫を仕事に送り出しましょう。

そして、スーッと必要なものを持ち出し、家を出てください。
今後は、弁護士、または、第三者を入れて、離婚の話し合いをするだけです。

以上5つの対処法どおりに進めば、離婚後の経済的不安をなくし、離婚できます。
さらに、浮気したことを夫に後悔させることもできますよ。

第二の人生を楽しく生きるためにも、早めに別れる決意を固めることをおススメします。


夫の気持ちが離れているとお悩みの方

  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

夫が浮気をしているのかでお悩みの方

  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?