夫の浮気を辞めさせる方法

夫に裏切られた!一緒に苦労してきたのは何だったの?!どうする?

長年連れそった夫に「浮気」という形で裏切られたら、どうしますか?
夫が仕事で大変なときも、夫のご両親が病気になったときも、そばでずっと支えてきたのに・・・。

その全ての苦労も一瞬にして無駄にしてしまう夫の浮気。
浮気発覚直後は、頭が混乱して、何も考えられないかもしれません。

でも夫に裏切られた妻に残された選択肢は2つ。
「離婚」、もしくは「存続」。

まずは、その2つから、自分の行く道を選択し、それからどうすべきか考えましょう。

「離婚」を選択した場合

夫に浮気された妻が離婚を選択するケースは、全体のおよそ2割から3割程度。
これは、妻に浮気された夫の離婚率8割と比較してもかなり低い数字です。

このデータは、厚生労働省が発表する「離婚に関する統計」など正式なものではないので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

ただ、その数字の意味することは、浮気発覚後、「離婚を選択するメリットがない」と、感じる妻が多いと言う事ではないでしょうか。

特に、専業主婦の場合、離婚となると大変です。
途端に収入源を失うのですから、離婚後の生活は、想像を絶する過酷なものになることは間違いないでしょう。

その一方で、浮気で、妻を裏切った夫は、浮気相手と新しい生活をスタートさせるか、もしくは、「妻と離婚できて、せいせいした」と、羽を伸ばしているかもしれませんね。

そんなの悔しくないですか?
どんな苦労にも耐え、夫を懸命に支えてきた妻を簡単に裏切ったのは夫なのに、なぜ、自分が不幸になるのか、と腹が立ちますよね。

そこで、離婚を選択する場合は、離婚が自分にとって、メリットになるようしなければいけません。
そのためには、離婚後の安定した生活は必要不可欠。

そして、それを可能にするのがお金、そう!浮気の代償をしっかりいただくことです。
そのためには、夫の浮気が発覚しても、感情的行動は、NGです。

なぜなら、浮気の代償を得るには、明確な証拠が必要となるからです。
もし、あなたが感情的に夫を怒鳴ったり、泣いたりしたらどうなると思いますか?

夫は、「浮気はしていない」「誤解だ」とか言い訳を盾に、浮気の証拠を隠すかもしれませんよ。
浮気の証拠がなければ、浮気の代償を十分に得ることは難しくなります。

なので、ここは一つ冷静に行動するようにしましょう。
まず、あなたがやるべきことは、夫の浮気を責めるのではなく、「夫を泳がす」事です。

少々辛いかもしれませんが、浮気の確実な証拠をつかむまでは、夫にそのまま浮気してもらうのがベストです。

その間に、メールでのやりとり、電話の送受信記録、浮気相手との密会の現場写真などを抑えておきましょう。

自分ひとりの力に限界を感じたら、調査会社や探偵事務所に依頼するのも一つの方法です。
調査経験が豊富で、これまでに数多くの離婚問題に直面してきたプロですから、さまざまな相談にも対応してくれるはずです。

長年連れ添い、信頼してきた夫に裏切られたのですから、はした金で満足してはいけません。
また、もう一度人生をやり直せるだけの十分なお金があれば、40代、50代という年齢でも、いい人を見つけることはできるはずですよ。

苦労をともにしてきた夫に裏切られた瞬間は、驚きと混乱、ショックで、自分を見失いそうになるかもしれませんが、「離婚」を選択するなら、自分にメリットになるような離婚になるよう、もう少しがんばってくださいね。

「存続」を選択した場合

浮気されても、夫婦の存続を選ぶ女性は、すごく多いですよね。
わたしも、きっと存続を選びます。

・たった1回の浮気だけで大切な夫を失いたくない、という気持ち
・十年、二十年という長い年月をムダにしたくない、という気持ち
・離婚しても、自分ひとりで生きていくことができない、という不安

この3つが理由です。
一度や二度の浮気くらい、グッと我慢する女性が多いのも納得ですよね。

しかし、夫婦の「存続」を選択するには、いくつかの覚悟が必要です。
その覚悟がなければ、妻を裏切った最低な夫と、一つ屋根の下で生活することは、絶対にありえません。

そして、その覚悟は、離婚を選択するよりもはるかに大きな体力、気力、精神力を要求されると、私は思います。

それでも「存続」を選択するなら、浮気発覚後、次のステップで行動してください。
ステップ1は、「気持ちの整理」です。

長年連れそった妻を浮気で裏切った夫に対する怒りは、はかりしれません。
ただ、その気持ちは、「夫婦存続」を選択したその瞬間に封印しましょう。

二度と浮気のことを口にしてはいけません。
とはいえ、やっぱり辛いですよね。

そこで、もっと楽に気持ちの整理をつける方法を紹介します。
一つは、夫と1回だけ、離婚について話し合いを持つこと。

絶対に話しをこじらせたり、ダラダラと何日も話し合いを続けたり、感情的になったりしてはいけません。
そのとき、誓約書の作成と、「二回目の浮気で「離婚」します」とはっきり断言しておきましょう。

これは、ちょっとした脅しです。
夫の浮気抑止剤になれば、それだけで十分です。

その後は、二度と浮気については口にしてはいけません。
ステップ2は、「変化」です。

裏切った夫と、また以前のような関係を続けるのは、きっとすごく難しいことです。
でも、「存続」を選んだなら、あなた自身の変化が必要です。

なぜ夫は自分を裏切ったのか、浮気の原因を追究し、二度と同じことが繰り返されないようどうしたらいいのか、よく考えてください。

浮気の原因は、夫だけにあるとは限りません。
料理が不味かったから、別の女性にフラッと心が動いたのかもしれませんし、セックスレスで、欲求不満になっていたのかもしれませんよね。

また、仕事のストレスが爆発して羽目を外しただけなのかもしれません。
でもこれは全て、妻の対応次第で事前に対処できたはず。

二度と裏切られないための変化は、夫婦の再出発には必要不可欠です。
ステップ3は、「諦め」です。

もしも、気持ちの整理もつかず、変化をする努力もできないなら、「諦め」もときに必要です。
夫に裏切られても離婚という選択肢はない、でも存続する覚悟もできないなら、とりあえず、夫婦でいることを諦めてください。

ただの「同居人」と思えば、辛い現実に向き合うこともないですし、これまでと変わりのない毎日を過ごせます。

その中で、時間をかけて「夫婦」というものを見つめなおしてみてはどうでしょうか。
裏切られた瞬間は、頭に血が上って、何事も冷静に考えることはできないはず。

でも、「諦め」という形で、一度肩の力を抜き、色々と考える時間ができれば、また違う結論を見出せるかもしれませんし、変わった形の夫婦関係を築き、第二の結婚生活を楽しめる可能性もあります。

夫に裏切られた妻が選べる道は2つ、「離婚」か「存続」。
どっちが天国で、どっちが地獄とは限りません。

選択した道で、「どのように行動するか」が、今後の人生のカギとなります。
あなたにとって、もっともベストな道を選択し、行動できるよう参考にしてくださいね。


夫の気持ちが離れているとお悩みの方

  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

夫が浮気をしているのかでお悩みの方

  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?