浮気探偵の使いどころ

離婚回避・関係修復の為に浮気調査!

離婚回避・関係修復の為に浮気調査

浮気調査で離婚回避

「夫(妻)の浮気調査をする」というと、離婚が前提で慰謝料請求や子供の親権が目的と考えられがちですが夫婦関係の修復や離婚回避にも有効なのです。

こんな話を聞くと、慰謝料や親権はともかく、関係修復や離婚回避にどう役立つのかと疑問を感じる人もいるかもしれません。

浮気調査で手にした「配偶者の不倫の証拠」は使い方次第でいろいろな効果があります。

そのひとつが離婚回避で、しっかりした証拠があれば不倫中の夫(妻)からの離婚請求を断る事も可能です。

日本の民法では「有責配偶者からの離婚請求は認められない」となっており、円満な結婚生活の妨げになる浮気をしている配偶者からは離婚の請求ができません。

かりに配偶者が離婚を要求して来ても、浮気の証拠さえ押さえておけば離婚を回避できるというわけです。

早めの対処で関係修復

「夫(妻)が浮気しているらしい」「でもハッキリした証拠がない」と悩んでいる人は、早めの浮気調査で証拠を掴み必要な対応をしてください。

世の中には、うすうす配偶者の浮気に気付いていても「そのうち別れるだろう」と甘く見ていて後悔するという事例が多数あります。

たまたま出来心で一夜限りの浮気をした…というなら別ですが、ほとんどの人は一度浮気をすると深みにはまってエスカレートしていくものです。

エスカレートして行った先には「今の夫(妻)と離婚する」「浮気相手と再婚する」という結論が待っているわけで手をこまねいていては後悔する結果になります。

離婚したくない、夫婦関係を修復したいというなら、少しでも早く真実を明らかにして対処しましょう。

浮気相手にプレッシャー

夫(妻)の浮気を止めさせる方法は一つだけではありません。

最近、注目されているのが、浮気の証拠を掴んで夫(妻)の浮気相手にプレッシャーを与えるというやり方です。

その方法とは、浮気調査で証拠を入手したら、浮気相手に対して「不倫を続けるなら慰謝料を請求する」という警告文を内容証明郵便で送るというものです。

現在の法律では配偶者の不倫相手に慰謝料を請求する事ができるので、こうした警告文を送るのは有効な方法といえます。

もし、少し過激な方法と感じるなら浮気の証拠を掴んでいる事を相手に示したうえで「夫(妻)と別れない場合は訴訟を起こします」と伝えるという方法でもいいでしょう。

穏便に関係修復したいなら

夫(妻)とは関係修復したいけれど穏やかな方法でやりたいという人は、まず浮気調査をして真実に向かい合うところから始めてはどうでしょうか。

浮気に関して「誰と」「いつから」「どのくらいの期間」「どの程度の回数」などの要素を知る事により、浮気中の配偶者に対する気持ちも決まってきます。

夫(妻)を責めて不倫を止めさせるのか、自分自身が変わって配偶者をつなぎ留める努力をしていくのかなど、真実を知る事によって対応方法が分かって来るはずです。


パートナーの浮気でお悩みの方

  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?