浮気に関する豆知識

「悪気はなかった」では済まされない?男が嫌だと思う女のNG言動3つ

男が嫌だと思う女のNG言動3つ

「ホントっ!あんたって無能ね」
「男の癖に・・・」

男性が傷つく言葉は、色々とあります。

その瞬間、百年の恋も冷めてしまい、
長年の夫婦生活にピリオドを打ちたくなる

たった1回の言動が、人生をも大きく変える最悪の結果を引き寄せる力も強い事から、「ついうっかり」では済まされません。
そこで今回は、「将来結婚を真剣に考え、交際している彼」にターゲットを絞り、絶対にやってはいけないNG言動をいくつか紹介しますので、参考にしてください。

1、「結婚」を遠ざける!?未来に暗雲が漂う3つのNG言動

「早く結婚したい」
恋人から次へのステップ、夫婦となる為の儀式、それが「結婚」

いずれは彼と結婚し、幸せな未来を歩みたい!
そんな夢を抱いているなら、絶対に言っては、やってはダメな言動があります。

その場合、結婚へのステップが踏めないどころか、恋人としての立場も失い、二人の関係は、ジ・エンドを迎える可能性も高く、注意が必要です。

1、あなたと違ってわたしは無能ですから!「自分をやたら卑下する女」

本心では、「わたしと違って、あなたは、本当に何もかも完璧で尊敬する」と思っているし、これからも心から「頼りにしているわ」と思い、発した言葉かもしれません。
もちろん悪気はなく、彼を高く評価したつもりでしょう。

女性の中には、

「自分を低く評価することで、相手の価値を認める」

という面倒くさく、回りくどい表現方法を癖にしている方もいますが、残念ながらそれは逆効果です。
男性は女性と違い、すごく単純で、女性特有の回りくどい表現方法の裏に隠された真実を見通せるだけの力はありませんし、そんな面倒なことはしません。

そのため、彼は、あなたに「褒められた」「高く評価された」と思うどころか、真逆の感情を抱き、そして次のように嫌悪します。

「面倒くさい女だな」

これからの長い人生、同じ屋根の下でずっと一緒に生活しなければならない女性が、こんなにも「面倒な女」であると知ってしまったとき、彼の結婚願望は、消滅するでしょう。

そして当然ながら、あなたに対する恋愛感情も少しずつ薄れ、恋人としての立場もあやうくなる可能性も避けられません。

対策、ヒモ女になる可能性も?自分に自信をもとう!

自分の事を卑下する言い回しをする女性は、心理学では「自己卑下的自己呈示」と呼びます。
その手法も使い方次第では、相手に優越感を与える事が出来るため、特に男性にとっては、すごく居心地の良いパートナーとして、認めてもらい生涯をともに歩む事もできます。

しかしそれが「毎回」であったり、「頻繁」に使っていたりすると、「嫌悪感」や「めんどくさい」というマイナスの印象を与えてしまいます。
さらに、彼に与えるマイナスの印象が繰り返されると、彼は、あなたを都合のイイ女として雑に扱うようになり、恋人や妻という対象とは違い、「ヒモ」として扱われる事もゼロではありません。

そんな状況を改善するには、何か一つでも自分に自信を持つ事が必要です。
自分に自信が持てると、卑下するような表現を使わなくなるため、彼と対等の関係で、そして強い信頼関係を築く事もできます。

今の彼と、いずれは「結婚したい」と願うならば、自分を卑下するような言い回しをはしないよう努力しましょう。

2、わたしと仕事どっちが大事なの?「疲れる質問ばかりの女」

全くもって、ナンセンスです。
この質問が自分自身にとって、どれほどのマイナスであるか、全く理解していない事がすごく残念でなりません。

しかし、この手の質問をパートナーに本気でぶつける女性が実に多い!
寂しさのあまり、ついうっかり口走ってしまった言葉かもしれませんが、この言葉を投げかけられた彼は、その瞬間大きく落胆し、あなたに対する気持ちが薄れてしまうことでしょう。

仮に、彼が仕事よりも「君が大事だ」言い、それが職を失ってしまっても、本気であなたは彼と結婚したいと思うでしょうか?
安定した収入があってこそ、幸せな結婚生活も成り立ちます。

目先の事を考えられず、感情的になったり、今の自分のことばかりを考えているからこそ、そのような残念な質問をぶつけるのでしょう。
今一度、その質問の意味を、そしてその質問を投げかけられた彼の気持ちをよく考えてください。

対策、仕事は「手段」そしてその目的は「結婚」!?

対策は、「単位」の異なるばかげた質問は、今後一切しないという事に限ります。
状況によっては、これを機に、修復不可能なケンカになり、そのまま二人が別れるという結果を引き寄せることも考えられます。

彼との結婚を本気で考えるなら、彼にとっての仕事は、あなたとの幸せな将来を手に入れるための手段であり、あなたとの大事な時間を省いてまで仕事に専念するのは、すべてあなたのためだと理解する事がポイントです。

結婚後、家庭に入る女性とは違い、結婚してからより仕事にまい進しなければならない男性の気持ちを理解できれば、そんなばかげた質問はできないはずです、違いますか。

3、休日、記念日はわたしと一緒ね!「彼の休みを奪う女」

彼がお休みの日は、彼女と過ごすのが「あたりまえ」と、思いこんでいませんか?
しかし、それは女性特有の考え!

大好きな彼女=片時も離れたくない、と思うのは女性だけで、男性は、彼女よりも友人を優先にしたいときは、もちろんあります。
にもかかわらず、彼の休みをことごとく奪ってしまうのは、大変危険です。

そんな彼女と結婚しようものなら、「俺は、一生束縛されてしまう」「自由が奪われてしまう」と、結婚に対し悲観的になってしまうかも。

対策、親しいからこそ適度な距離を保つべし!

近年、男性の結婚願望が低下しつつあるのは、結婚で生じる責任や束縛という重圧といわれています。
それを交際期間中に肌で感じてしまうと、「結婚」への意識がより遠ざかるのは仕方ありません。

もし、あなた彼と本気で結婚したいなら、結婚してもあなたの自由は約束されるというイメージを与える事が必要です。
そのためには、彼を自由にしなければなりません。

あなたよりも男友達との遊びを優先にすることもあるでしょうし、お休みで予定もないのに、あなたを誘わず、部屋にこもってゲームをしている事もあるでしょう。
それでも、あなたは彼の「自由」を尊重し、大事にしてあげてください。

それには、あなた自身も一人の時間を満喫できる自分になるよう努力しましょう。
心は繋がっている、でも、それぞれが知らない時間を各々で楽しめる二人であれば、結婚生活もきっと上手くいきます。

「男が嫌だと思う女のNG言動3つ」のまとめ

感情的になりやすく、ついうっかり「言ってはいけない言葉や行動」を取ってしまいがちな女性は、一瞬にして全てを失う事があります。
それは、あらゆるシーンで多く見られますが、今回は結婚を意識する彼に対するNG言動として、焦点を当ててみました。

もう一度NG言動をおさらいしましょう。

1、あたし「無能」ですから!

自分を卑下する女。
心理学上、相手を気持ちよくさせるには、とても良い手段ですが、使い方次第では、「面倒くさい女」と思われたり、「都合の良い女」として扱われる可能性も。

相手と対等で、そして強い信頼関係で成り立つ夫婦としては、不向き。
結果、自分を卑下する女と、結婚したい、と思う男性は少ない。

2、仕事と私、どっちが大事?

「単位」の異なるくだらない質問をする女は、「疲れる」と、感じる男性続出!
安らぎを感じたい結婚生活に「疲れる女」は、不要。

結果、ナンセンスな質問ばかりをする女と結婚したい男性は、ゼロ。

3、好きならずっと一緒にいるのは当然?

好きな彼女=ずっと一緒にいる、は女性特有の考え!
どんなに好きな彼女がいようが、自由を謳歌するのが男性。

彼のプライベートタイムを食う女=束縛する女。
結果、がんじがらめの人生を予感させる結婚はしない!


どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方

  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決

パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方

  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法