離婚は最善の解決策なのか?お金の面で検証しよう!

Pocket

さまざまな理由で夫と離婚しようかと悩んでいる方もいるでしょう。
性格の不一致やセックスレス、浮気やDV、ギャンブルに経済的な理由など離婚の原因は、夫婦の数によってさまざまです。

離婚という選択肢しか残されていない最悪の状況におかれている夫婦も少なくありません。
ただ、具体的な理由もなく、ただ漠然とした気持で離婚を悩んでいる場合は、大変危険です。

なぜなら、離婚とは、結婚の数十倍もの体力を要するからです。
離婚したら何もかもスッキリとする、新しい人生をスタートできると楽観的に考えている女性も多いようですが、そのような考えは非常に浅はかです。

離婚が最善の解決策なのか?今一度考えてみてはどうでしょうか。
特にこれまでまともな仕事をしたこともなく、長く主婦業を続けてきた女性は注意が必要です。

ここでは、本当に離婚が最善の解決策となるのか、お金の面から考えてみましょう。

検証1・慰謝料

離婚をするときに、必ずがっぽりと慰謝料がもらえると思っている方もいるようですが、それをあてにしてはいけません。

なぜなら、離婚の理由によっては、慰謝料はゼロ、万が一もらえたとしても平均200万前後が良いところです。
慰謝料とは、法的にこの金額にしなさいという決まりはありません。

つまり互いが納得しなければ、金額が確定しませんので、場合によっては、泥沼の悲劇を生み出すこともあるのです。

検証2・財産分与

財産がある場合、通常夫婦が平等に分けるのが一般的。
慰謝料が現金でもらえない場合などにも財産分与で受け取ることもできます。

しかし忘れてはいけないのが、借金です。
資産だけが財産分与に含まれているのではなく、借金も当然平等に分けられますので、慰謝料よりも借金が多くなる可能性もあるのです。

さらに、夫が独身時代に購入した物に関しては、財産分与に含まれませんので、色々ともめにもめることが予想されます。

検証3・養育費

女性が離婚を考える場合、特に深刻なのが、子供を抱えている場合です。
財産分与や慰謝料をあてにし、離婚を突きつけたものの、これらすべての受け取れない、さらに仕事もない、となると後に頼るのは、養育費となるでしょう。

しかし現実的に離婚後養育費をきちんと受け取っている方は、非常に少ないのです。
離婚した夫婦の場合、約半数が養育費の取り決めをせず、しかもせっかく取り決めをしても書面に残してないなどの状況からトラブルになるケースは非常に多いのです。

さらに離婚後、数ヶ月間は、養育費をしっかり支払っているものの、次第に金額が少なくなり、音信普通になってしまうということもよく聞く話です。

財産分与も慰謝料も養育費もすべて受け取れないとなると、女手一つで子供を育てることは容易なことではありません。

離婚は本当に最善の解決策なの?

以上のことを考えると離婚後、どのような生活が待っているか大体の予想はつきますよね。
それを覚悟で離婚をするのであれば、誰も止めることはできません。

しかし、男性と違い、これまで主婦として妻として長く家庭のことだけをしてきた女性が一人で生きていくとなると相当なる覚悟は必要です。

短絡的な考えだけで離婚して本当に幸せになれるのか、それとも夫婦関係を修復したほうがいいのか、もう一度時間をかけてゆっくりと考えてみることをオススメします。

Pocket

夫の気持ちが離れているとお悩みの方
  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法
夫が浮気をしているのかでお悩みの方
  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事