これが風俗通いする男のホンネだ!風俗通いをする2つの理由と対策

風俗通いをする男性の本音・2つの理由と対策
Pocket

夫の「性の悩み」を抱える女性が集う掲示板をのぞくと、こんな書き込みがあります。

  • 夫が風俗通いを辞めさせたい
  • 男って何で風俗に行くの?
  • 妊娠中に夫が風俗に

妻がいながら、

「なぜ?男性は風俗に通うのか?」
「なぜ、高いお金を使って風俗を利用するのか」

それを知らなければ、夫の風俗通いは、ますますエスカレートする危険性が。
ここでは、「なぜ男性は、妻がありながら風俗に通うのか?」というテーマでお届けします。

「なぜ?」の疑問が解消できたとき、夫の風俗通いとそれに伴う「浮気」等のリスクを低減できるはずです。

なぜ?の回答その1、脳内麻薬ドーパミンがより新しい刺激を求めて!

妻とケンカしているわけでも、妻が嫌いになったわけでもない・・・それなのに、夫が定期的に風俗に通っているようだ!
という場合は、脳の神経伝達物質「ドーパミン」が深く関係していると考えられます。

ドーパミンと関係していると思う理由は、夫の風俗通いに悩む女性らの掲示板に書き込まれた男性からの回答です。

その中には、

  • 妻との平凡でマンネリ化したセックスに飽きた
  • 新しい「性」を満喫したくなった
  • 同じ人とより、違う女性としたくなった
  • 理由は分からない、でも体が新しい刺激を欲しているらしい

という回答がすごく多く、「新しい刺激」「妻との性行為がマンネリ」「ただ、なんとなく」「体が反応して」という、キーワードから考えられるのが、脳内麻薬の異名を持つ「ドーパミン」。

特に、ドーパミン受容体が過敏な「DR4D」が長い男性ほど、「新しい刺激を求め」「マンネリ」を嫌がる傾向にあります。
つまり、毎回同じ女性と同じ性行為(ここでいう「妻」)では、物足りないと感じる事から、毎回相手が変わり、それにより違う性行為が満喫できる「風俗」を好むようになるのです。

さらに、男性は、Y染色体により女性よりも圧倒的にドーパミン量が豊富で、自分の身を危険にさらしながらも快楽を得ることに満足している傾向にあります。
その結果、多少の興奮では、満足できず、あらゆる面でリスクの高い風俗へと体や心が向かってしまうのではないでしょうか?

対策:マンネリを打破するべく、常に新しくスパイシーな「何か」を!

脳のドーパミンによる夫の「風俗通い」を辞めさせるには、風俗に向けられている気持ちを家庭や妻に方向転換させる必要があります。
それには、家庭や妻こそが、夫にとって常に新しい刺激でなければいけません。

そのためには、まず、「夫婦」という惰性を取り除く事からはじめましょう。
夫婦を解消するのではありません。

安定した夫婦関係を少しだけ、スパイシーにするには、毎日が同じではいけません。
例えば、寝室が一緒なら、部屋を別々にし、プライベート空間を作るようにしてください。

それにより夫婦間に適度な距離が生じ、それが「新しい刺激」となり、風俗以上の興奮をもたらす事が期待できます。
次に、性行為のあり方を工夫するのもおススメ。

夫の多少の過激な要求に応えたり、体位をお勉強したりと、少しだけエッチな自分になるような努力をしてみてください。
いつもとは違う妻を目の当たりにすることで、新鮮な刺激に夫が興奮するはず。

ただし、それでも毎回同じではダメ。
定期的に「新しい刺激」を提供できるよう努力しましょう。

なぜ?の回答その2、あらゆる責任から解放され、気楽にエッチを楽しめるから!

結婚すると、男性は一家の大黒柱。
否が応でも、「責任」という重圧を抱えるようになります。

そのため、妻の顔を見ると、「家のローン」や「子供の学費や育児の事」「義理の両親の老後」や「週末の家族サービス」などなど、やるべき事、考える事が多すぎて、性行為を楽しむ気にもなれない、というのが既婚男性のホンネ。

妻の事は大好きだし、家族も大事にしたいと思いつつも、のしかかる責任というストレスから逃れようと、風俗へと進むといいます。
一方風俗なら、お金が発生し、一応「ビジネス」として成り立っているので、利用する男性型としても、払った金額の分は、しっかり楽しませてもらいますよという楽な気持ちになれます。

いわゆる「スポーツ感覚」でストレスが発散できる、と考えている男性も多いようですね。
しかも風俗では、相手の気持ちよりも、自分の気持ちを最優先に行動できるため、自分の思うままの性行為を十分に満喫できる点が、男性の風俗通いがやめられない理由です。

対策:夫にのりかかる「責任」という重圧を取り除く工夫が必要

育児の事、実家のご両親の事、支払いの事、お隣近所との関係など。
仕事で疲れて帰宅した夫に、畳み掛けるように悩みや愚痴を口にしていませんか?

もしそうならば、今すぐ辞めてください。
女性は、内心では、あまり深く悩んでもいない事や愚痴を、簡単に口にし、ストレスを解消している傾向があります。

これは、女性ならではの「ストレス解消法」なので、時々は必要です。
ただ、男性は女性と違い、ストレスを解消するのが少々下手。

そのため、妻から相談された悩みや愚痴を本気で捕らえ、深く考え悩み、落ち込み「責任」という重圧の中で、もがき苦しみます。
そんな中、妻と楽観的に性行為するなど、絶対に不可能。

妻との性行為により、さらにストレスを抱え、それを爆発させるところこそが「風俗」となってしまうのです。
そんな夫の「風俗通い」をやめさせたいなら、日課のようにこぼしている愚痴や悩みなどを今すぐストップしましょう。

夫はただでさえ、仕事で大きな責任を与えられ、体も心もガチガチの状態です。
それをほぐせる唯一の場所が、「家庭」となるように努力しましょう。

「風俗通いをする2つの理由と対策」のまとめ

既婚男性が風俗通いをする理由と対策は

  • 新しい刺激を求め!

    女性に比べ圧倒的に豊富な脳内物質ドーパミンを持つ男性は、常に新鮮な刺激を求める傾向にあります。
    そんな男性の風俗通いをやめさせるには、夫婦間に生じる「マンネリ」を打開し、常に新鮮な刺激を。

  • 「気楽に」エッチを楽しみたい!

    家庭、夫、父親という結婚で生じるあらゆる「責任」から逃れられる風俗は、エッチを純粋に楽しめる!
    夫が抱える「責任」という重荷を少しでも軽くする努力を。

風俗に通う男性のホンネを知って、風俗通いがますますエスカレートする前に効果的な対策を実践するべし。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法


関連記事