浮気・不倫の慰謝料

Pocket

配偶者の浮気や不倫が原因で、離婚という決断をした場合には、いろいろな問題が発生します。
離婚したらそれで終わるというわけではありません。

特に浮気をした人の場合には、迷惑をかけたパートナーや家族、その他浮気相手の家族などへの対応もしなければなりません。

慰謝料って何?

浮気や不倫確定後、ほとんどの方が問題にしているのが慰謝料です。
テレビ・ドラマや映画などでも「慰謝料」でトラブルを起こしているシーンを度々目にすると思いますが、一体慰謝料ってどういう意味があるのか理解しておきましょう。

特に浮気を何度も繰り返し、パートナーに迷惑ばかりかけているという方は、この意味をよく理解しなければ自分の行動を改める必要があります。

慰謝料とは、浮気や不倫をされることで精神的なダメージを受けたと訴える人が請求するものです。
ただダメージというものは目に見えるもの、目に見えないものがありますので、内容は人によって違います。

その為慰謝料の金額というものは、明確にされていませんが、浮気や不倫が原因で精神的に落ち込み、その結果職を失うなど将来得られるはずだった財産などを失った場合には、高額な慰謝料を請求することができると言われています。

例えば、芸能人など著名人の場合には、浮気や不倫という行為そのものが悪いイメージを与え、人気職に大きな傷を作ることが予想されることからも多額の慰謝料問題に発展するケースがあります。

ただ慰謝料は、裁判によって決定されますので、請求額全てが得られるというわけではありません。

浮気や不倫の場合の慰謝料の相場とは

現在慰謝料問題で数多くの裁判が起きています。
例えば実際に下された判決内容には、次の内容があります。

結婚10年目で夫の不倫が発覚、その後15年後間不倫相手と同居しながらも同時に、妻の実家の家業を手伝うなどの経緯があった場合には、夫に1000万、不倫相手に300万の支払いが命じられたというケースもあります。

その他にも妻との同居10年その後不倫相手と35年同居の男性には1550万、妻と同居36年後不倫相手と15年の同居の男性には、1000万などなどの慰謝料が請求され、判決が下っています。

ここにあげた例は高額な慰謝料のケースですが、結婚生活も浮気も長く続いた場合には、高額な慰謝料を要求されるようです。
ただ一般的には、50万から300万という金額となっています。

慰謝料の問題は、妻との結婚生活と不倫相手とどのくらい続いたかという点が重視されるようです。
飲みの勢いでついついといった一晩限りの浮気や不倫の場合には、慰謝料を請求出来ないかもしれません

プライバシーの値段って?

慰謝料が発生する精神的苦痛というものがありますが、浮気や不倫を疑われた側にも精神的苦痛が発生する場合もあるのでは?
例えば、浮気を疑われた人は、携帯電話をチャックされることがありますが、これってプライバシーの侵害にはあたらないのでしょうか。

もしもプライバシーの侵害であれば精神的苦痛として慰謝料をいくらか請求する事ができるのでしょうか?
ここでいう「プライバシーの侵害」という点に注目すると、例えば、大企業の場合など個人データの流出によるプライバシーの侵害であったとしても、一人につき1万円前後という慰謝料になります。

この事から考えると不倫や浮気で携帯電話をチェックされたという程度の内容ならば、裁判で問題としてあげるのは難しいでしょう。

大きく問題にされる「プライバシー」ですが価格にすると意外と安いんですね。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法


関連記事