二股や浮気を法律で裁けますか?

Pocket

二股をかけ、二人の相手に対し、嘘をついているのですから、絶対に許されることではありません。

その為二股をかけること、浮気や不倫は、犯罪といて認められてもいいのでは、と考えるのは、当然かもしれません。

しかし結婚という夫婦の契約を結んでいないものが、二股をかけるという事自体犯罪にはならないのです。

だからといって二股をかけられた方が、「はいそうですか」なんて引き下がれません。

そこで罪に問えないのであれば、なんとか慰謝料だけでも請求したいと思うのでしょう。

残念ながら、原則既婚者以外の慰謝料は認められないのです。

二股や浮気って詐欺罪になる?

相手を騙して二股や浮気をする行為は、詐欺罪として成立するかもしれません。

しかし相手を詐欺罪で訴える場合、「騙したという事実が相手の財産的な損害を与える」という事実関係が必要となります。

例えば結婚詐欺のように、結婚をすると思わせておいて、相手から多額の金品をもらうというのは、立派な犯罪になります。

しかし単にもう一人恋人がいるということを隠していただけなら、特に相手に財産損害を与えたということにはあたりませんので詐欺罪と立証するのはできないでしょう。

詐欺罪が無理なら慰謝料を請求できますか?

将来は結婚をすると心に決めていた男性が二股をかけていたのですから、精神的な苦痛は計り知れません。

せめて慰謝料だけでもと思うのは当然です。

しかしこれだけの理由で二股している男性に慰謝料を請求するのは、できません。

民法709条の不法行為の成立があって慰謝料請求が可能となります。

普通の恋人としての関係では、夫婦のように法律的に保護されている関係にはあたりませんので、二股や浮気という行為は、不法行為として認められないのです。

ちなみに法律で保護されている関係というのは、夫婦という手続きつまり婚姻関係にある事実婚の内縁関係や婚約経験があるという場合に限ります。

どうやったら慰謝料請求が可能なの?

万が一彼との関係に婚約っといった事実があった場合には、婚約不履行で慰謝料の請求ができますが、金額は10万程度ではないでしょうか。

法律上認められてないカップルの場合、相手浮気をしようが二股をかけようが慰謝料の請求は原則できません。

ただ、結納などが済み、結婚の合意があれば、慰謝料の請求が認められます。

婚約を破棄し、慰謝料を請求するとなると、婚約をしていたという事実を証明する必要があります。

その場合は、婚約指輪を渡す、または結納を取り交わしたという婚約関係の証明ができます。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法


関連記事