浮気の慰謝料って浮気相手にも請求できる?相場や請求方法・条件は?

浮気の慰謝料、相場や請求方法・条件
Pocket

夫が浮気しているのが分かった。
しかし、今後の生活面や子供の事を考えると、安易に離婚にも踏み切れないし、このまま泣き寝入りもできない。

と悩む方は、「慰謝料」の請求を考えてみるのはどうでしょうか。
今回は、

  • 夫の浮気相手への慰謝料はどんな時に認められるのか?
  • その際に必要な証拠は?
  • 慰謝料っていくら請求できるのか?

などを説明したいと思いますので、是非参考にしてください。

夫の浮気相手への慰謝料はどんな時に認められるのか?

基本的に婚姻関係にあるパートナーが、配偶者以外の異性と浮気や不倫をした場合は、慰謝料を請求できます。
浮気の慰謝料とは、「浮気」という行為で、婚姻生活の平穏や法的保護される利益を侵害された際にその損害を賠償してもらう、という意味があります。

そのため、「結婚」していることが第一の条件となりますが、内縁状態にあり、それをちゃんと証明できる場合は、慰謝料の請求も可能です。

慰謝料を請求できる相手って?誰でもOK?

浮気で慰謝料を請求できる対象は、2人です。
浮気した配偶者とその相手、つまり浮気相手
となります。

夫だけに請求をしてもいいし、両方に対し慰謝料を請求することも出来ます。
ただし、慰謝料とは2人で1つの浮気と考えるため、両方に請求しても、片方に請求しても、その額は変わりません。

例えば、100万円の浮気の慰謝料が発生したとします。
夫だけに請求するとその全部を夫が支払う必要が生じ、夫と浮気相手の両方に請求した場合は、半分、もしくは夫に60万、浮気相手に40万という具合になるのが一般的です。

浮気の慰謝料を請求するときに必要な証拠は?どんな条件がある?

不貞行為(浮気)であることが慰謝料請求の条件

浮気の慰謝料を請求するには、それが本当に不貞行為(浮気)でなければいけません。
浮気かもしれない、浮気っぽい、証拠はないけど、浮気だという状況下での請求は不可能です。

浮気の慰謝料とは、不法行為(浮気)に基づく損害賠償請求権なので、法的な意味で不貞行為に該当しなければいけません。

法的な不貞行為の要件とは

1、配偶者以外との肉体関係の有無

婚姻関係中、配偶者以外の異性との肉体関係がなければ、不貞行為とみなされず、慰謝料の請求は出来ません。
そのため、夫の浮気がどの程度(肉体関係の有無)なのかをはっきりさせましょう。

2、不貞行為(浮気)に故意または、過失があること

例えば、既婚者であると知っていて浮気した(故意)、または、既婚者だと知らないまま浮気したとしてもそこに落ち度がある(過失)であることが、浮気の慰謝料請求の要件となります。

万が一、浮気相手に故意や過失がなかったら、慰謝料の請求は難しい、もしくは認められません。

3、浮気により権利の侵害が生じた

婚姻関係中、配偶者が別の異性と肉体関係を持つことで、当然、夫婦としての関係や平穏な毎日を続ける権利などが損害されます。
ただし、肉体関係があった時、すでに夫婦仲が悪く、別居などし、婚姻関係がすでに破綻していた場合や修復がこんな状況であった場合は、婚姻関係侵害が生じないため、慰謝料請求が難しくなります。

慰謝料請求にあたり必要な証拠とは?

通常、話し合いのもと慰謝料請求を行ないますが、相手が支払いに応じない場合は、裁判となり、その時、あなたの主張が正しいと証明する必要があります。
それが浮気の証拠です。

では、どのような資料が必要なのか?
それは、肉体関係があったと裏付ける資料です。
実際の裁判等で使用されているのが、肉体関係に関するメールやラインの記録、ホテルなどへ2ショットで出入りする写真、肉体関係があった事を自白する音声記録データなど。

ただし、これらの証拠を掴むことは、簡単ではありません。
また、法に違反する方法で、入手した記録や資料は、証拠として認められないケースもありますので、浮気調査のプロや探偵などにお任せするのがおススメです。

浮気の慰謝料の相場って?思い通りの金額を請求できるの?その方法は?

良くて、200万円前後。
一般的には、数十万から300万程度で期待しているほど高額な請求は出来ません。

数十万から数百万と幅があるのは、浮気で生じる損害の大きさが、それぞれの夫婦で異なるからです。
例えばお酒の勢い、ケンカの腹いせなど、ついうっかり浮気したという場合よりも、何十年も妻を騙し、同じ相手と浮気関係を続けているのは、すごく悪質で、慰謝料も高く請求できます。

また、妻との間に子供ができず、不妊治療にも積極的でなかったのに、浮気相手には子供ができてしまったという場合、妻が抱える精神的ダメージが深刻であることから300万円を超えるほどの慰謝料請求も可能となるでしょう。

その他、様々なケースで浮気の慰謝料の請求額が異なります。
ただし、あくまでも一般的な例であって、弁護士などによりその請求額が異なるので、自己判断せず、まずは、一度専門家に相談する事をおススメします。

浮気の慰謝料請求の流れ

では、実際に浮気の慰謝料を請求するには、どうしたらいいのか。
ここでは、ざっくりとした流れを説明します。

1、話し合い

弁護士などの指示に従い、話し合いの場が設けられます。
ほとんどの場合は、内容証明郵便を利用して、浮気相手に対し、「浮気により慰謝料を請求します」等の内容と慰謝料の金額を記した文書が送られます。

その文書を受け取った浮気相手が、納得し、任意に支払いに応じてもらえるなら、その後公正証書で示談書を作成し、慰謝料を受け取って終了となります。

2、裁判

話し合いで、慰謝料の回収が難しい場合は、残念ながら裁判へと進みます。
その際、裁判所に対し、浮気があった、それにより権利が侵害された、という証明書の提出も求められますので、事前の準備が必要です。

その後、浮気相手とのやり取りを持ち、裁判官の判決が下ります。
ただし、裁判になると、難しい手続きなどが生じるため、どうしても弁護士などが必要となります。

さらに解決までに時間を要し、もちろん費用もかかります。
そうなるまえに、話し合いで解決できるよう、早めに弁護士等に相談するようにしましょう。

浮気の慰謝料って浮気相手にも請求できる?相場や請求方法・条件は?:まとめ

  • 浮気の慰謝料は、夫、その浮気相手にも請求できる
    ただし、肉体関係があった、と証明する必要がある。
  • 浮気の慰謝料の相場は、数十万から300万前後
    故意、過失によって、慰謝料請求の額が異なる。
  • 話し合い→裁判
    慰謝料請求の内容を記した内容証明郵便を送り、それで支払いに応じてもらえなければ、裁判となる。
    裁判になると、時間、費用、労力とも深刻。
Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

SNSで浮気発見

関連記事