自分が浮気相手だと気づいた時の対処方法

Pocket

付き合った彼とは結婚をしたいと真剣にお付き合いしていたにも関わらず、実は自分が浮気相手だったという場合もあります。
真実を知った時の怒りや悲しみというのは、計り知れませんが、冷静に対応しなければなりません。

その人を好きなってしまったという事実と、彼が既婚者だったり、本命の彼女がいたという事実も変えられません。
事実を知ってしまった後は、自分はどう進むべきなのかをしっかりと考え、自分の人生を歩いて行く必要があります。

理性で感情のコントロールをしよう

自分が浮気相手だったというショックは、計り知れません。
事実を知った瞬間逆上して、男性に襲いかかる女性も少なくないでしょう。

中には、彼の妻や本命の彼女に食ってかかる浮気相手もいるようですから、瞬間的に冷静な判断能力が失われているとおもいます。
とっさに引き起こしたこのような行動は、感情だけで動いていると考えられ、あとで絶対に後悔だけが残ります。

浮気していることをずっと黙っていた男性が悪いのかもしれませんが、それを見抜けなかった自分自身も少なからず悪いのだと認めざる得ません。

彼の愛に裏切られてしまったという状況でショックなのはわかりますが、感情だけで行動すると正しい判断ができません。
なぜこれまで浮気ということを見破れなかったのか、この先どうしたらいいのかを冷静に考えられるよう心を落ち着けてください。

この先どう歩けば幸せなのかを考える

自分が浮気相手だったと分かったら、このままの状況を続けていいのか、この先に幸せはあるのかを考えましょう。
妻や彼女がいる以上、この先の自分の立場は、不倫相手もしくは浮気相手以外、希望はありません。

「いつかは妻や彼女と別れるから」という男性の言葉に決して惑わされないようにしましょう。
そういう男性こそ、絶対に家庭を捨てることはありません。

妻や家族が会ってこその不倫だと考えている男性が多く、不倫相手と再婚することを決めた途端二人の関係がうまくいかなくなったという事もよくあります。

自分の幸せはこの先にあるのかをじっくりと考えてください。
幸せな結婚をして、理想の家庭を作りたいのであれば、今の状況を変えなければなりません。

不倫相手や浮気相手としてではなく、誰からも祝福されるような恋愛や結婚ができるようにしましょう。

奪略愛はたくさんの犠牲者を出す

愛する男性に家庭や婚約を決めた女性がいたと分かった途端、妻や彼女から奪い取る浮気相もいます。
不倫や浮気というのは、単なる出来心だけでは終わらず、必ず悲しむ人が多数いるという事を忘れないでください。

二人さえ良ければそれでいいという事ではなく、特に妻や子供がいる場合には、裁判を必要としますので、大勢の方を巻き込む事になります。

たくさんの人を不幸にしてまで奪いとった愛は、決して長続きしないことでしょう。
大切な家族から彼を奪ってまで、手に入れる幸せがそれほど価値のあるものなのか良く考えて行動するようにしてください。

ただ一時期の感情だけで動かされていませんか。

Pocket

パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法
パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事