夫の浮気が心配で苦しい妻が知っておくべき対処法

夫の浮気の悩み
Pocket

夫の浮気相手には、「元カノ」「職場の女性」「友人・知人」が多いのはご存知ですか?

これでは、油断している妻には気付きにくいのも無理はありません。

そんな、夫の浮気が心配な妻のあなたが、とるべき「行動」と「考え方」について紹介します。

夫の浮気の可能性は?浮気チェックの方法

夫の浮気を考える
「最近、夫の様子がおかしい」
「浮気をしているのでは?」
「帰宅時間が遅くなった」
「残業や休日出勤が増えた」
「仕事帰りなのに石鹸の匂いがする」
「携帯(スマホ)を手放さなくなった」
「携帯(スマホ)をロックするようになった」
「見た事もない下着を身に付けている」
「聞いてもいないのに残業の仕事内容を説明する」

など一つでも当てはまるものがありますか?

このような行動があったり、あなたが変だなと感じる事があったら浮気の可能性があります。

この段階であれば、さり気なく夫にカマをかけてみるのもいい方法です。

「最近、残業が多いね」
「休日出勤ばかりって会社も横暴だよね」
「あれ、お風呂にまで携帯持って行くの?」

等と声をかけてみて下さい。

この質問に夫がおかしい反応をしたら、浮気確定だと考えた方が良いでしょう。

ただし、ここではまだ冷静に対処する必要があります。この段階で、「浮気してるでしょ?」と問い詰めても解決する見込みはありません。

はぐらかされたり、嘘をつかれる可能性があります。

また、いくら夫の浮気を疑ったからといって、すぐに離婚というわけにはいきません。

妻としては夫を信じたい気持ちもあるでしょうし、離婚を考えるのは事実を確かめてからでも遅くありません。

夫の浮気を解決したいのならば、真実を確かめるべき

浮気の真実を知る
妻にとって夫の浮気を疑うほど哀しい事はありません。

だからといって「私さえ我慢していれば」と消極的になるのは逆効果です。

妻が気付かないフリをしていると、夫の浮気はどんどんエスカレートしていき、最後には向こうから離婚を切り出すなどの結果になりかねません。

そこまでいかないとしても、妻にはバレていないと安心して浮気相手にハマる危険性もあります。

そんな夫を見ているうちに、精神的に病んでしまう可能性もありますす。

浮気解決のために現実と向き合う

「夫が浮気なんてするわけがない」
「きっと私の気のせいに過ぎない」

と自分に言い聞かせても、実は心の奥底では夫の浮気を見抜いているという状態はよくありません。

浮気の事実を認めるのが怖く、逃げているという事だと理解してください。

自分の考え過ぎだと言い聞かせて我慢を重ねていると、心の奥底の疑惑はどんどん大きくなり、そのうち爆発してしまう事になります。

夫の浮気の不安に押し潰されないためにも、問題を解決する方法を模索しなくてはなりません。

その方法とは「現実と向き合う」という事です。

浮気が事実でも離婚を避けられる

夫の浮気が事実であった場合でも離婚を避ける事は可能です。

妻が大騒ぎせず穏便に行動すれば、何も離婚をする必要はありません。

特に子供さんがいる家庭なら、離婚をすると男性は慰謝料や養育費を払う結果になります。

離婚は仕事へのダメージがあるうえに、子供の親権も母親側に行くのが一般的ですから、離婚を避けたがる男性が多いのです。

「浮気の事実の確認=離婚」ではないという点を頭に置き、まずは冷静に事実を確かめる行動に出てください。

浮気の有無が分かれば対処法が分かる

浮気を調べた後の対処法
浮気が事実か否かが分からないと、妻としてもどう行動していいか決められないでしょう。

夫の浮気の有無が分かれば、自然と対処方法も決まってきて精神的にも落ち着けます。

世の中には「取り越し苦労」という言葉もあります。

夫への疑いで心をいっぱいにして悩むより、勇気を出して浮気の有無を確認すべきです。

妻が行う浮気チェックには限度がある

携帯やスマホの盗み見など、簡単な浮気チェックは妻でもできます。

しかし、それ以上の「浮気の確認」となると素人には難しいと言えます。

「今日は休日出勤で仕事だよ」と出かけて行く夫を尾行できるかというと、なかなか成功は困難でしょう。

夫の浮気相手を特定しようとしても、どこをどう探していいのか分からないのが現実です。

基本的には。一般人のあなたが浮気の確実な証拠をつかむのは無理と考えてください。

個人が調査すると失敗のリスクが高い

外出する夫を尾行したり、仕事帰りの夫の行動を調べるのは一般女性には荷の重い事です。

ちょっと考えてみても尾行がバレたら「何をしているんだ!」と夫婦喧嘩になりますし、夫の会社の前で隠れて待っていて同僚に見つかったら言い訳に困ります。

こんなリスクを考えると、妻が個人で浮気調査をするのは避けたほうがいいと分かるでしょう。

本気で調べるなら探偵に依頼すべき

夫の浮気調査に探偵を雇うと聞くと、「そんな大げさな…」と感じる人もいるかもしれません。

プロの探偵の良いところは、調査を依頼したという「秘密を守れる点」「夫に気づかれずに内緒で調査できる点」です。

自分で調査して失敗するリスクを考えると、効率よく浮気の有無を確認できるというメリットがあるのです。

夫の行動を調べている事がバレたらトラブルの元ですが、プロならバレる心配がないので安心です。

浮気調査の無料相談はこちら

夫の浮気を調べた後の対処法

浮気発覚後の選択
探偵の調査で夫の浮気の有無が確定した場合の対処法です。

夫は浮気をしていなかった

夫に浮気の事実がなかったと判明したら、まずは安心して構いません。

調査の専門家が調べても浮気が発覚しなかったのですから、浮気疑惑は誤解だったと考えていいでしょう。

この件については、一切夫に打ち明けてはいけません。

なぜ、自分は夫の浮気を疑ったのかをよく考え、今後の浮気防止に役立ててください。

夫婦円満に過ごすためのヒント

夫の浮気は事実だった

もし、浮気が事実と判明したら、まずは冷静に行動しましょう。

いきなり夫に証拠を突き付けて、ヒステリックに相手を責めるような行動は逆効果です。

第一に妻のあなたがすべきなのは、冷静沈着に対処法を考えるという事です。

探偵等から受け取った調査報告書をよく読み、夫の浮気相手はどんな女性なのか、浮気はどこまで進んでいるのか等の事実を把握してください。

夫が浮気をしていた場合の対処法

浮気後、離婚?やり直す?
浮気をしていた夫にどう対処するかは、「離婚する」「やり直す」の二つの選択肢があります。

どちらが良いかは、あなたの考え方や置かれた立場で変わってきます。一般的にどちらが正解で、どちらが不正解というのはありません。

あなたにとっての正解は、あなたにしか分かりません。その為には、次のメリットとデメリットなどを参考に判断をするようにしてください。

夫と離婚するメリットとデメリット

離婚するメリット

  • 浮気が原因なので慰謝料や養育費、年金などが受け取れる
  • 夫と別れて自分らしい生活への再出発が可能になる
  • 新しい出会いがあれば再婚も可能、恋人を作る事もできる

離婚するデメリット

  • 慰謝料や養育費が少ないと生活に困るリスクもある
  • 離婚で子供に寂しい思いをさせてしまう可能性がある
  • 老後に支え合える配偶者を失う結果になる事も…

夫とやり直すメリットとデメリット

やり直すメリット

  • 夫が反省してくれれば夫婦の絆を見直して円満に暮らせる
  • 子供を悲しませずに済み、仲の良い家庭を築き直せる
  • 離婚後に一人で苦労せずに済む、生活の心配もしなくていい

やり直すデメリット

  • 夫が二度と浮気をしないという確証がなく不安感が残る
  • 浮気をされたという心の傷があり夫を信じられなくなる
  • あとになってから「離婚すればよかった」と後悔する事も

まとめ:夫が浮気をしているかもしれない時の対処

夫が浮気をしているのかもしれないと感じたら、まずは真実を確認することが重要です。

浮気をしているかもしれない不安のまま、日々を過ごすのは苦痛で辛いはずです。そのまま悩みを解消せずにいると、あなたの精神が持たなくなる可能性があります。

ですので、まずは解決できるよう正しい行動をするようにしてください。

1、夫が本当に浮気をしているのかどうかを確認
2、浮気をしていなければ、今後も浮気されないように努める
3、浮気をしていた場合「別れるのか」「やり直すのか」を考える

この順番で行動をすることで解決できます。浮気が真実だった場合、それは辛い現実ですが、何もせずにいるのは何も解決しないのと同じなのです。

浮気が真実だった場合でも、次のステップに進めるという事を意識して、行動をして下さい。

夫の気持ちが離れているとお悩みの方

  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!

そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

夫が浮気をしているのかでお悩みの方

  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。

など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる

Pocket


関連記事