生物学的にみる!浮気されない男に必要な「モテホルモン」

Pocket

「愛する妻や彼女に浮気されたくない」「女性にモテたい」という気持ちは、男ならだれもがもつ願望です。

浮気されない方法やモテるためのテクニックなど、さまざまな情報が紹介されていますが、それでも結果が得られない場合は、意外な部分に見落としがあるのかもしれません。

ここでは、努力しても報われない男性にオススメの「生物学的」観点から考える浮気されない、モテる男性になる方法をいろいろと紹介します。

男性ホルモン「テストステロン」がカギ?

さまざまな研究結果から、男性ホルモン「テストステロン」は、女性の本能を刺激し、魅了させるホルモンとして注目されています。

「テストステロン」とは、男女ともに存在しますが、多くは男性に分泌されます。
そして、男性の場合、睾丸でその大半が作られ、性欲の亢進、生殖器の発達、筋肉やひげ、骨格の成長にも大きく関わっています。

男性が男性らしくあり続けるためになくてはならないホルモンで、通称「モテホルモン」。
男の「モテる」を最強にさせることができるカギを握っています。

女性にモテるという事は、つまり浮気をされない魅力的な男になるために、必要不可欠なホルモンで、浮気対策に有効です。

なぜ、テストステロンは女性を引き寄せる?

女性の本能的に、健康で強く丈夫な遺伝子を残すためには、どんな相手が好ましいのかを無意識に探しています。

テストステロン値の高い男性は性欲が旺盛で、丈夫で元気な子供を授かることができると、無意識の間に判断するのです。

またテストステロンは、外見でも判断できます。
それは、筋肉質であること。

二の腕、腹筋、背筋、ヒップなどの筋肉が引き締まっている男性は、テストステロン値も高いことが分かります。
女性が男性の筋肉にメロメロになるのには、このようにちゃんとした理由があるのです。

ただ、一般的にテストステロンは、20代後半頃までが分泌量のピークを向かえ、それ以降は下降傾向になります。
テストステロンが減少すると、精力の減退、筋肉の衰え、肥満、やる気の低下、記憶力の低下、集中力の低下、うつ病など、男性として深刻な状態になります。

これらの症状は、女性が男性に求めるすべての要素を奪ってしまうので、テストステロンの低下は、当然、女性から見放され、浮気される男性に陥ってしまう要因となります。

テストステロンを増やす方法

加齢により減少が避けられないテストステロンを増やすためには、筋肉トレーニングは必要不可欠です。

さまざまな努力をしたのに、妻や彼女に浮気されてしまう、浮気が心配だと悩んでいる方は、テストステロン値が減少している可能性が考えられますので、今すぐ運動を取り入れましょう。

また、ネギやにんにく、乳製品やチーズ、うなぎなど亜鉛やビタミン、たんぱく質を多く含む食事を積極的に摂取することで、テストステロンを増やすことも出来ます。

以上のようにモテホルモン「テストステロン」は増やせます。
このホルモンが増えれば、性欲アップ、男性らしい体を取り戻すことができるので、妻や彼女を満足さえ、浮気予防に最適です。

ただし、増えすぎるとホルモンバランスの乱れが生じ、自らが浮気症になったり、ハゲや体毛が濃くなるなど幾つかのデメリットもあるので、程ほどにしてください。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法


関連記事