浮気の証拠で夫(妻)の浮気相手に慰謝料請求

浮気の証拠で夫(妻)の浮気相手に慰謝料請求
Pocket

浮気相手に慰謝料請求

「慰謝料を請求する」というと、離婚時に精神的苦痛に対して賠償金を要求するというのが一般的です。

夫(妻)が浮気をして不倫が原因で離婚する場合は配偶者に対して慰謝料を請求できますが、さらに浮気相手に対しても慰謝料の請求ができます。

これは相手が配偶者であれ不倫相手であれ、浮気によって精神的な苦痛を受けたのなら同じように慰謝料を要求できるという考え方です。

ただし、浮気相手への慰謝料請求にはいくつかの条件があります。

慰謝料請求の条件

(1) 浮気相手が夫(妻)を既婚者だと知っていた
浮気相手が「既婚者だとは知らなかった、騙された」などと主張する可能性があります。

(2) 浮気相手と夫(妻)が性的関係を持っていた
性的関係とは肉体関係(エッチ)があったという意味ですが、継続性がないと慰謝料請求できない為、少なくとも2回以上関係がある本人が認めるか証拠が必要です。

(3) 浮気をした時点では婚姻関係が破綻していなかった
不倫が行なわれた時点で夫婦の婚姻生活が破綻していると慰謝料請求はできません。

(4) 浮気相手が不倫を認めた、または不倫の証拠がある
調停や裁判になった場合は浮気相手が不倫を認めるか、または確固たる不倫の証拠が必要になります。

(5) 不倫の時効期間を過ぎていない
不倫を知ってから3年、または不倫行為から20年を経過すると時効が成立します。

以上が浮気相手に慰謝料請求できる条件です。

慰謝料請求には意外にたくさんの条件があり、すべてをクリアできているか心配だと感じた方もいるかもしれません。

かりに一つでも条件に反していた場合、慰謝料請求は難しくなる可能性があります。

条件をきっちりクリアする為には、プロによる浮気調査でしっかりした証拠を掴んでおく事が重要です。

浮気相手への慰謝料の相場は?

夫(妻)の浮気相手に慰謝料の請求をするとなると、「いったいいくらが相場なのか」と気になる人もいるでしょう。

慰謝料の金額はケース・バイ・ケースですが、一般的な収入の人であれば100~500万円が標準的な金額といわれています。

よく芸能ニュースなどで取り上げられるような数千万円~数億円といった慰謝料は特別なもので、一般の人なら数百万円が相場と考えてください。

ただし、これは離婚調停や裁判で提示される相場で、夫婦での話合いによる示談では特に決まりはありません。

ただし慰謝料の金額で揉めると離婚が長引いたり、財産分与や子供の親権などにも影響が出る場合もあるのでよく考えて対応してください。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?


関連記事