浮気調査の証拠次第では慰謝料が有利になる!?

浮気調査の証拠次第では慰謝料が有利になるか
Pocket

不倫と慰謝料の関係

配偶者が浮気(不倫・不貞)をしていた場合、離婚に際して慰謝料を請求する事ができます。

慰謝料は精神的な苦痛に対する賠償金といった性格のもので、夫(妻)の浮気で苦痛を受けたり、その結果離婚に至った事で苦痛を受けた事から請求できるものです。

民法という法律では浮気は「配偶者としての貞操義務の不履行」という事になります。

これを簡単な言葉に直すと、夫(妻)は配偶者意外と性的行為をしないという義務があるが、それに反した行為(不倫)をしたという意味になるわけです。

したがって「貞操義務の不履行」をした側には落ち度があるわけですから、浮気をされた側は慰謝料を請求する権利があると考える事ができます。

この場合の浮気や不倫は配偶者以外との性的行為(エッチ)を指しますので、プラトニックな関係であれば不貞とは見なされません。

浮気と離婚で慰謝料発生

浮気による慰謝料で重要なポイントとなるのが「不倫相手と性的行為をした」という部分です。

そのような行為をしたか、しないかを自分の目で確認するのは難しいので、それ以外に何らかの証拠を入手する必要があります。

不倫の証拠で代表的なのが「ラブホテルに入る現場写真」で、少なくとも2回以上の写真が必要といわれています。

ほかにも「ラブホの領収書」や「浮気相手との性的関係が分かるメール」、「浮気を認めた発言が録音されたテープ」なども証拠になりますが、やはり決定的なのは浮気の現場写真でしょう。

ただし、素人が浮気の現場写真を複数回撮影するのは難しいので、浮気調査のプロに依頼するのが効率的といえます。

浮気調査のプロなら調査ノウハウや夜間撮影も可能な機材を持っていますので、多少困難なシチュエーションでもしっかりした証拠写真の撮影ができるので合理的です。

慰謝料の相場と請求方法

よくテレビ番組や雑誌では「芸能人の離婚慰謝料が○千万円」などと話題になりますが、一般家庭の離婚ではそれほど大きな金額は期待できません。

離婚慰謝料は請求された側の収入や職業、夫婦の結婚期間・年齢・再婚の可能性、離婚原因などによって決まり、その相場は100~500万円程度が相場とされています。

この金額をより大きくする為には、夫(妻)の浮気によって激しい精神的な苦痛を受けたという事を強調する必要がありますが、その際、確たる証拠として浮気調査による写真や報告書を提出すると有利に進める事ができます。

離婚に当たって配偶者への慰謝料請求を考えているなら、まずは浮気(不倫・不貞)の証拠を握っておく事が肝心といえるでしょう。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?


関連記事