浮気調査で離婚調停が有利になる?!

浮気調査で離婚調停が有利になるのか
Pocket

調停委員の心証が有利に

離婚調停は家庭裁判所で行なわれるものですが裁判ではありません。

しかし、話合いを進めていくうえでは同席する調停委員に良い印象を与えるのは重要な事です。

調停委員は話合いを進める調停役であり、慰謝料や子供の親権に関する調停案を考える立場でもあります。

離婚調停をより有利に進めようとするなら、調停委員の心証を良くするに越した事はないのです。

夫婦の離婚問題では一方が浮気(不倫・不貞)をしているという証拠があれば調停委員の心証も好意的もしくは同情的になって自分側に有利に働きます。

その意味でも浮気調査でハッキリした証拠を掴んでおき、調停の場で提示できれば有利に働く事はいうまでもない事なのです。

離婚調停がまとまりやすい

調停はあくまで話合いですから、話がまとまらなければ解決は長引いてしまいます。

少しでも早く離婚を成立させたいと思っても、慰謝料を多く取りたい、子供の親権も獲得したいとなるとお互いの利害がぶつかって調停が長引いてしまうのはよくある事です。

離婚条件に関して妥協はしたくないと思うなら別ですが、できるだけ早期に離婚成立させて新生活のスタートを切りたいという場合は調停成立がまとまるに越したことはありません。

そこで配偶者の不倫の証拠を提示できれば調停も速やかに成立し、離婚までのカウントダウンも早く進むというわけです。

浮気調査は事前にしっかり行なっておき、確固たる証拠を押さえたら調停に持ち込むというのが最も効率的な方法といえるでしょう。

離婚調停とは?

離婚調停は正式には「夫婦関係調整調停」といいます。

調停とは争いをしている者同士の間に入って、双方の言い分を聞いた上で解決に導く事をいい、ここでは夫婦関係のトラブルを解消する事を目的とした調整を意味しています。

実際には離婚調停という俗称からも分かるように、夫婦の離婚に関した話合いを解決に導く為の調停といった意味合いがあるものです。

離婚調停を行なうには夫(または妻)が家庭裁判所に申立手続きをすると、家裁側からの呼び出しが来て裁判官1名+調停委員2名と当事者との話合いが行なわれます。

調停当日は夫婦が顔を合わせなくて済むシステムになっており、心置きなく自分の主張を伝える事ができるので心配はいりません。

調停は問題が解決するまで数回程度行なわれ、夫婦の同意と調停委員が離婚を認めれば調停が成立して10日以内に離婚届けを提出する事になります。

ちなみに調停が成立しなければ離婚裁判という流れになります。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?

SNSで浮気発見

関連記事

SNSで浮気発見