離婚したくないけど浮気調査しても大丈夫?

離婚したくないけど浮気調査しても大丈夫か
Pocket

「夫(妻)と離婚はしたくないけど、本当に浮気しているのかどうかは知りたい」と考えている人は意外に多いようです。

離婚をする気がないのに浮気調査をするのは「真実」を知る為で、夫(妻)と別れるつもりはないという場合でも調査する事に何ら問題はありません。

なぜなら、浮気調査のプロに調査依頼すれば、夫(妻)に調査した事がバレる心配はまったくないからです。

調査結果がシロと出ようとクロと出ようと、離婚する・しないは自分で決めればいい事で、夫(妻)や周囲に知られる心配はないのですから問題はないという結論になります。

浮気調査=離婚ではない

よく浮気調査するというと離婚前提というイメージがあります。

確かにプロに浮気調査してもらって証拠を押さえ、離婚調停や裁判で自分が有利な立場に立つというケースは多いものです。

しかし、一方では「夫(妻)が浮気しているのか、いないのか」と悩む事に疲れ、「とにかく真実を知りたい」と調査を依頼する人も少なくありません。

人間にとって何より辛いのは「どっちつかず」の状態だといいます。

しっかりした調査を経て浮気の事実があるか否かが分かれば、その辛い状態から抜け出して現実に直面する事が可能です。

たとえ、夫(妻)が浮気をしているという調査結果が出たとしても、浮気相手と別れてもらう方策を講じたり子供が大きくなるまでは耐えるという人もいます。

大切なのは真実を知る事で、浮気調査したからといって離婚する必要はないのです。

離婚しない為の浮気調査

実は浮気調査には「離婚しない為の手段」という一面もあります。

仮に夫(妻)が浮気をしていたと仮定しましょう。

その場合、夫(妻)が浮気相手と結婚する為に、「離婚したい」と申し出て来たらどうなるのでしょうか。

浮気中の夫(妻)が離婚を申し出て来ても、法律では「有責配偶者からの離婚請求は認められない」という定めがあります。

有責配偶者とは結婚生活が破綻する責任がある側という意味で、この場合は浮気をしている夫(妻)という事になります。

つまり、浮気している夫(妻)が離婚を申し出ても認められないというわけです。

ここでポイントとなるのは「夫(妻)が浮気をしている証拠を握っている」という点です。

確固たる浮気の証拠を押さえておけば、相手が離婚したいと言っても法律的には認められないという結果になり離婚しなくて済みます。

実際、そうした目的で浮気調査をする人もいるくらいなので、離婚したくないから浮気調査をしないと考える必要はないのです。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる

SNSで浮気発見

関連記事