浮気調査の証拠は裁判や離婚に有利になる!?

浮気調査の証拠は裁判や離婚に有利になる
Pocket

不貞行為の立証がカギ

日常生活ではあまり耳にする事がない言葉ですが、離婚と浮気の関連で重要になるのが「不貞行為の立証」です。

離婚の話合いや裁判で配偶者の浮気を問題にする場合、口だけで「夫(妻)は浮気している」「間違いなく浮気している」と主張しても意味がありません。

そこで必要になるのが、「確かに配偶者が浮気をしている証拠を出す」=「不貞行為の立証」です。

「不貞行為の立証」とは客観的に見て配偶者が浮気していると納得させられるだけの証拠を提出するという事で、こうした証拠を見せる必要があります。

この「不貞行為の立証」ができるか否かは裁判や離婚で自分が有利になれるかどうかのカギになります。

どんな証拠が必要なのか?

浮気の定義は人によって違いますが、裁判や離婚で必要なのは「配偶者が浮気相手と肉体関係がある」という証拠です。

主な証拠としては次のようなものが挙げられます。

・写真、ビデオ…ラブホテルなどに二人で入る場面

・録音テープ…配偶者が浮気を認める発言を録音

・電子メール…配偶者が浮気をしていると分かる文章

・手紙、日記…配偶者が浮気をしていると分かる文章

・領収書…配偶者の浮気を裏付けるホテルなどの領収書

・明細書…配偶者の浮気を裏付けるクレカなどの明細書

上記のような証拠に加えて次のような証拠もあれば使えます。

・友人、知人の証言…配偶者が浮気をしているという証言

・探偵社、興信所の証言…配偶者が浮気をしているという報告書

いずれの証拠にしても、配偶者に「たまたまだ」「偶然だ」と反論されないよう、しっかりした証拠が必要になります。

やはり最も確実なのは浮気調査のプロに依頼して証拠を手に入れる事でしょう。

夫婦の離婚と浮気の証拠

婚姻関係にある夫婦が離婚する場合、両者の話合いで決めるのが「協議離婚」、裁判所の調停で決めるのが「調停離婚」、裁判の判決で決まるのが「裁判離婚」です。

夫婦の話合いですんなり離婚が決まり、財産分与や慰謝料などでも揉めないのが最良ですが、残念な事にそうはいかないケースは多々見られます。

そうした際に、自分側に有利に離婚を進められるのが「浮気調査の証拠」です。

配偶者が離婚に同意しない、財産分与で揉め事になる、慰謝料請求に応じないといった問題や子供の親権問題など離婚にまつわるトラブルの原因は尽きません。

しかし、配偶者が浮気をしていて、こちら側が確固たる証拠を握っていれば離婚でも調停や裁判でも有利な立場に立つ事ができます。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる

SNSで浮気発見

関連記事