妻の浮気を調べる場合の気をつけるべき事

妻の浮気を調べる場合の気をつけるべき事
Pocket

妻に悟られない

浮気調査を決意したら、調査開始前から妻には悟られないように気を付けましょう。

妻が浮気をしているという疑いはあるものの、夫は心のどこかで「間違いであってほしい」と願っているものです。

しかし、妻の行動には浮気のサインがいっぱい、では自分で調べてみよう、探りを入れてみようとすると調査の妨げになる事があります。

というのは浮気中の妻は周囲(特に夫)の反応に敏感になっている為で、「夫に気付かれているかも」と悟ると浮気隠しに走るからです。

妻が浮気隠しをしてしまうと、どんなに有能な調査業者に依頼しても証拠を掴む事ができなくなります。

浮気調査のプロに調査を依頼するなら(依頼したなら)、間違っても妻に悟られないように気を付けてください。

妻を責めない・問い詰めない

浮気探偵をすると決め、業者に調査依頼をしたら妻を責めたり問い詰める言動は控えるようにしましょう。

「妻が他の男性と浮気をしているのではないか」という疑いがあると冷静でいられる夫は少なくありません。

そこで、ついやってしまうのが「妻を責める」「問い詰める」という行動です。

人間であれば誰でも怒りや焦りがあるのは当然ですが、浮気調査をするのなら妻を責めたり問い詰めたりするのは控えるよう気を付ける必要があります。

なぜなら、浮気調査の結果次第では離婚や裁判といった事態もあり得るわけで、事前に怒りに任せて暴力的な言動をすると後で夫に非があると判断される可能性も出て来るからです。

離婚や裁判では男性側のDVなども問題になりやすいので充分な注意が必要です。

調査会社に事実を告げる

妻の浮気調査を調査会社に依頼する場合は、極力隠し事をせず事実を告げるようにしましょう。

夫として男性として「妻が浮気をしているかもしれない」という現実に向き合うのは辛いことです。

増してや赤の他人である調査会社の担当者に家庭内の問題をあれこれ話すのは苦手だし、できればあれこれ言いたくないという男性もいるかもしれません。

しかし、浮気調査をすると決めたのなら正確な調査結果を得る為にも、また浮気の動かぬ証拠を手に入れる為にも事実をしっかりと告げておく必要があります。

調査会社の担当者は依頼人から告げられるデータを元に調査を行なうわけですから、特別な事情があって言えないという事以外の情報はできるだけ伝えるようにしてください。

ただし、妻が浮気をしていると強調したいばかりに、逆に小さい事を誇大に告げるのは逆効果になるので気を付けましょう。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事

SNSで浮気発見