法律的に浮気のラインは?それよりも重要な事は?!

法律的に浮気のラインは
Pocket

浮気離婚と慰謝料額

恋人同士の浮気も問題ですが、結婚後に配偶者が浮気したとなると法律的な問題も発生してきます。

万が一、不倫が理由で離婚となった場合、一般的な夫婦の慰謝料は平均300万円程度になるそうです。

さらに現在では浮気された夫(妻)から不倫相手への損害賠償を行なうケースも増えており、賠償額の相場は平均100~200万円程度となっています。

つまり不倫で離婚すると離婚の慰謝料200~300万円に加え、不倫の損害賠償で合計300~500万円程度が必要になってくるというわけです。

浮気と法律の関係

浮気が原因で別居や離婚などに至るか否かは別として、もしも夫婦のどちらかが浮気した場合はどのような問題があるのでしょうか?

法律の専門家によると、民法では浮気に関する明確な規定は存在していないそうです。

では不倫の損害賠償などを行なう際に「浮気(不倫)」と判断されるボーダーラインはどこかというと、ズバリ「肉体関係があるかどうか」になってきます。

法的に浮気(不倫)に入る行動としては、

・異性とホテルや旅館、ラブホテルに泊まった
・異性の自宅(家、マンション等)に泊った
・風俗関係の店に行った

などが挙げられます。

こうした行為は法的に見ても浮気(不倫)と見なされ、過去の裁判判例でも不貞行為と判断されています。

法的に浮気ではないのは?

法律的な考え方では「異性と肉体関係(性的関係)を持つ」が浮気になるわけですが、逆に法的に見て浮気と判断されないのはどんな行為なのでしょうか。

一例を挙げると、法的に見ると次のような行為は浮気と判断されません。

・手をつなぐ、キスをする
・親密なメールを交換する
・二人きりで食事をする
・誕生日やバレンタインデーにプレゼントする
・SNSで親密なメッセージを交換する
・合コンや婚活パーティーに参加する

いかがでしょうか。

法的に見た浮気のボーダーラインは性的な関係があるかどうかという事がよく分かりますね。

性的関係がなければOK?

夫婦や恋人同士の関係では、パートナーの浮気は大きなトラブルを招きます。

法的に見て浮気や不倫でなければOKかというとそうではなく、お互いの信頼関係があってこその夫婦・恋人といえるからです。

いったんその信頼関係が崩れれば二人の仲も崩壊し、いずれは離婚や別離という結果になるでしょう。

ただ、逆に見るとパートナーが異性と二人きりで食事に出かけたり、メールやSNSで親密なやりとりをしているだけで「浮気だ」「許せない」と怒ったり落ち込んだりしていては解決にならないという事もいえます。

浮気かそうでないかは解釈次第、二人の関係をキープしていく為にはお互いの思いやりや話合いが必要だといえるでしょう。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

SNSで浮気発見

関連記事