パートナーの浮気を防止できる「自分専用マグカップ」?!

パートナーの浮気を防止できる自分専用マグカップ
Pocket

恋人や配偶者など、大切なパートナーの浮気を防止できるという素晴らしいアイテムがあります。

そのアイテムが「自分専用のマグカップ」だと聞いたら、あなたはそれを信じるでしょうか?

「なぜ、マグカップなの?」と思う方も多いでしょう。

二人の関係を密接にするには、一つのカップを仲良く使った方が良いようなイメージがありますよね。

次に二人で一つのマグカップには浮気防止効果がないが、自分専用のマグカップには浮気防止効果があるという理由を説明します。

心理学者ローゼンブラッドのこんな質問

アメリカの心理学者ロジャー・ローゼンブラッドは、同棲中のカップルに次のような質問をしました。

「あなたはマイカップを持っていますか?」

「クローゼットは自分用ですか?」

「ベッドではどちら側で寝るか決まっていますか?」

「自分の歯ブラシを置くスペースがありますか?」

いったい、この質問から何が分かり、何が浮気防止につながるのでしょうか。

これらの質問にYES(はい)と答えたのは、同棲から結婚へと進んで現在も幸福に暮しているカップルが大半でした。

NO(いいえ)と答えたのは、同棲中にいずれかの浮気が原因や喧嘩が多くなり、結果的に別れを選択したカップルが多かったのです。

それは、ナゼなのでしょうか?

答えを解くカギは、それぞれが持つ縄張り意識にあったのです。

縄張り意識の低下が浮気を招く

二人で一つのマグカップを仲良く使っているカップルは仲が良いように感じられます。

一見、仲の良いカップルに見えても、実際には互いの存在をきちんと受け入れていないという見方もできるのです。

同じマグカップをどちらが使ってもいいという事は、お互いの領域に踏み込んでもいいという意味になります。

そうなると二人の関係は無法地帯と化し、少しずつストレスが溜まっていきます。

それぞれが主張する領域(=縄張り)をはっきりとさせ、互いの存在を受け入れた上でないと良好な関係を築く事はできません。

カップルの片方が張り切って全てを仕切る事もありますが、それも相手のストレスを蓄積させ浮気をさせてしまう要因となります。

同棲や結婚がスタートすると、女性が妙に張り切って全てを自分好みにする事があります。

そうなると男性は自分の縄張りが少しずつ無くなり、束縛感を感じてこの場から逃げたいという心理が働き、浮気をするようになるでしょう。

おススメのマグカップの準備の仕方

カップルとしての男女関係を良好にし、パートナーの浮気を未然に防ぐには、今すぐ自分専用のマグカップを準備しましょう。

マグカップはどちらが買ってもいいのですが、できれば本人が好きなデザイン、好きな大きさ、気に入ったブランドのものを自分で購入するのがベストな方法です。

おそろいのマグカップにした場合、見た目にはお互いの関係が上手く行っているように見えますが、心理学的にはおススメではないのです。

同じようなカップでは縄張り意識が低下するため、できればそれぞれの好みに合わせたものをチョイスするようにしてください。

万が一同じデザインのものを気に入ったのなら、色くらいは違うものを用意するようにしましょう。

Pocket


関連記事