浮気の証拠を掴んだ!その利用方法は?

Pocket

話合いの場で使う

パートナーの浮気で困るのは、いくら相手を責めても「浮気なんてしていない」「証拠もないのに疑うのか」と逆ギレされる事です。

こちら側は相手の浮気をほぼ確信している場合であっても、逆ギレされたり素っとぼけられたりしたら反論する事はできません。

もしもパートナーと本気で浮気について話合いたいなら、浮気探偵のような専門家を使ってハッキリした証拠を掴んでおく必要があります。

パートナーがしたたかな性格だったり頑固な気質であれば、最初のうちは「浮気なんて誤解だ」と言い張るでしょうが、専門家の調査による証拠を見せれば否定する事はできなくなるはずです。

そうした動かぬ証拠を提示して浮気を認めさせたうえで、二人でやり直すなり別れを考えるなり前向きな話合いを行なう事ができるのです。

自分の判断材料に使う

浮気探偵を使ってパートナーの浮気の証拠を手にしたからといって、必ずしもそれを相手に見せるだけが有効な利用法ではありません。

パートナーが浮気しているかもしれないと疑念を持っても、なかなかそれを認められなかったり信じ続けていたいと願うのは人間として当然の感情です。

しかし、いくら自分を騙そうとしても心の底では「やはり浮気だろう」と分かっているものではないでしょうか。

浮気には「一時の気の迷い型」や「異性好きの遊び人型」、「真正の浮気症型」など様々なタイプがありますが、やはり浮気をする人は何度でも浮気を繰り返す可能性が高いようです。

パートナーに対する自分自身の気持ちを整理し、ハッキリと現実を見つめ直す為にはプロの浮気探偵の調査による「真実の証拠」が適しています。

自分がどうすべきかを判断する意味でも、浮気探偵を利用してみるといいかもしれません。

離婚や慰謝料の材料に使う

既婚者の浮気は不倫といい、法律上でも「不貞行為」とされています。

もし配偶者が不貞をしていれば離婚の理由になりますし、慰謝料請求の為の証拠にもなります。

配偶者の浮気が理由で離婚を考えていたり、離婚に際して慰謝料の請求を考えているならプロの浮気探偵に調査依頼をするといいでしょう。

かりに浮気の証拠を提示しなくても配偶者が素直に離婚に応じてくれ、慰謝料の支払いにも要求額通りに払うという結果になったとしても、「こちらは証拠を握っている」「いつでも使う事ができる」という安心感があれば精神的に強い気持ちで話合いができるはずです。

逆に、配偶者が不倫相手と再婚しようと離婚を申し出て来るようなケースでも、配偶者の浮気の証拠を握っていれば有利な立場で対抗する事ができます。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?


関連記事