離婚の条件を有利にするために浮気探偵を使う方法

Pocket

ケース1:離婚自体が目的

パートナーの浮気が原因で離婚を決意しても、相手が素直に同意しないというケースは意外に多く見られます。

「自分が浮気しているのにナゼ?」と感じる人もいるでしょうが、浮気はしたいが現在の家庭も失いたくないという自分勝手なタイプも結構少なくないのです。

浮気を繰り返すパートナーに失望し、離婚して新たな生活をスタートしたいと考えているなら、浮気探偵に調査を依頼して「浮気の動かぬ証拠」を入手してはどうでしょうか。

パートナーの浮気の証拠があれば、離婚の話合いや調停もスムーズに進みます。

ケース2:離婚の慰謝料が目的

パートナーとの離婚は決断したが、只で別れるのは嫌だし離婚後の生活にも不安があるというなら浮気探偵に調査を依頼してみるといいかもしれません。

離婚の慰謝料は別れる原因を作った方が支払うというルールがあります。

しかし、芸能人や有名スポーツ選手の離婚では大金の慰謝料が支払われたりしますが、一般のサラリーマンや自営業者の場合は高額の慰謝料は望めないのが普通です。

そのわずかな慰謝料さえも惜しむ人も少なくありませんので、離婚後の生活の基盤になる慰謝料を手にするには「しっかりした浮気の証拠」が必要となります。

ケース3:子供の親権が目的

離婚の話合いが進んでくると問題となるのが「子供の親権」です。

子供の親権は女性(妻)側が取るのが一般的ですが、家庭の事情や父親の考え方によっては男性(夫)側が要求する事もできます。

パートナーの浮気が原因で離婚する事になり、子供の親権は絶対に自分が取りたいと希望しているなら浮気探偵に依頼するという方法がオススメです。

浮気の現場写真や相手の身元などの証拠を押さえておけば、離婚だけでなく子供の親権を得るのにも大きなアドバンテージとなり親権を得やすくなります。

離婚目的で浮気探偵を使う

パートナーとの離婚を決断していて、調停や裁判で有利に事を進める為に浮気探偵を使うという方法もあります。

ひと口に離婚といっても自分が決断したケースだけでなく、配偶者から切り出されたというケース、二人で話し合って決めたケースなど、カップルによって様々なパターンがあるでしょう。

離婚には様々な法律が絡んでおり、自分に悪い点はなく相手がすべて悪いと思っていても、思わぬ落とし穴に落ちる事もあります。

いずれのケースでも離婚で自分が不利にならず、有利に事を運ぶ為には浮気探偵の調査が有効です。

浮気探偵に相談する時には離婚が目的である事に加え、どのような調査が必要なのかを説明したうえで依頼を行なうようにしてください。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?

SNSで浮気発見

関連記事