自力で恋人・配偶者の浮気調査するのが大変な理由4つ

Pocket

お金と時間と手間が掛かり過ぎる

パートナーの浮気チェックが携帯やスマホを覗き見するというレベルなら大きな苦労はありません。

しかし、パートナーの浮気の現場を押さえようとしたり、証拠写真を撮るとなるとお金も時間も予想外が必要になってきます。

なぜなら、浮気現場を押さえる為の張り込みや尾行には数日~数週間程度掛かるのが標準的で、時には1カ月以上も対象者を見張り続けるというケースもあるからです。

さらに対象者がタクシーを使ったり、レストランや居酒屋に入れば店内まで着いて行かないと決定的な証拠は得られない為、その費用なども必要になってきます。

もしも、かなりな時間と金額を浪費しても結果が出なければ、骨折り損のくたびれ儲けでプロに頼んだ方が安かったという事になります。

素人レベルでは難し過ぎる

自分でパートナーの浮気調査をするというと、一見カッコイイ行動のように感じます。

何となくスパイになったような気分になるかもしれませんが、現実にはかなり怪しい行動が目立ってパートナーに気付かれてしまうケースが多いようです。

人間はいくら隠し事をしても、どこかで尻尾を出してしまうものです。

そのいい例がパートナーの浮気で、相手はいくら隠してもどこかでバレてしまっていますね。

それと同じでパートナーの浮気を自分で調査しようとしても、素人レベルでは相手にバレて警戒されるのがオチなのです。

専門機材がないと無理過ぎる

浮気調査にはプロならではの専門機材が必要です。

証拠写真を撮影しようにも、携帯やスマホの写メ機能程度ではお話になりません。

最近では携帯やスマホの写メも進化していますが、遠くから現場写真を写そうとしたり、雨の日や暗がりでの密会を激写しようとしてもボヤけた写真ができあがるだけです。

そうした状況にも対応できる専門機材を使用する浮気探偵と、手持ちの機材だけで頑張る一般人では結果に違いが出るのは当然といえるでしょう。

自分で調べたても浮気相手の素性や期間は分からない

パートナーの浮気が心配になった時、自分で調査してみようと考える人は意外に多いかもしれません。

比較的チェックしやすい携帯電話やスマホの送受信履歴を調べたり、保存されている写メに写っている人や日付けを調べるというのは効果のある方法でしょう。

しかし、そうしたチェックで浮気の疑いが濃厚になった場合、浮気相手の氏名や住所、パートナーとはどんな関係なのかといった諸々の情報を素人が調べるのはかなり困難です。

ましてやパートナーの浮気現場の証拠写真を撮ったり、二人の関係がどのレベルまで達しているかなどの深い情報は素人には得る事はできにくいのです。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事