浮気の証拠で離婚する時も・しない時も有利に話を進められる

Pocket

離婚要求の証拠になる浮気証拠

配偶者が浮気をしている証拠があると離婚要求が容易になります。

離婚には話合いで決める協議離婚、家庭裁判所で話し合う調停離婚、裁判所の判決に従う裁判離婚などの種類があります。

もし、配偶者の浮気が疑われるような状態であっても確固たる証拠がなければ離婚するのは難しいケースもあり、その場合は配偶者の同意がなければ別れる事はできません。

しかし、浮気現場の証拠写真といった確固とした証拠があれば離婚は容易になります。

浮気探偵への調査依頼により、専門家ならではの浮気現場写真などの証拠を押さえておけば離婚がスムーズに運ぶというわけです。

慰謝料請求のデータにもなる!

配偶者の浮気が原因で離婚する時、確固たる浮気の証拠を掴んでいれば慰謝料が請求できます。

この場合は浮気をした配偶者だけでなく、浮気相手に対しても慰謝料の請求が可能です。

ただし、配偶者への慰謝料請求には浮気の確たる証拠だけで構いませんが、浮気相手に請求するには相手の氏名や住所を知る必要があります。

浮気の証拠だけでなく浮気相手の素性まで知ろうとなると、一般の人手は調べる方法がないばかりか相手に気付かれて警戒される危険性もあります。

しかし浮気探偵なら、配偶者や浮気相手に気付かれる事なく調査する事が可能です。

離婚拒否の決め手にも使える証拠

配偶者が浮気をしているが、浮気された側は離婚したくないというケースもあります。

たとえば浮気中の夫が妻に対して「離婚してほしい」と言った場合、夫の浮気の証拠があれば離婚を拒否する事ができるのです。

これは有責配偶者の離婚要求は原則的にできない為で、浮気をするなどの離婚原因を作った側からの離婚請求は現在のところ認められていません。

そこから、夫が浮気をしていて妻に別れてほしいと言い出しても、しっかりした証拠があれば離婚拒否が可能となるわけです。

逆のケースで、浮気中の妻が夫に離婚を要求してきても、夫側が妻の浮気の確たる証拠を握っていれば同じく離婚請求を拒否できます。

探偵が集める資料などの証拠で有利な立場になれる

浮気探偵の使い方は人それぞれです。

どのような目的の為に調査を依頼するにせよ、その証拠を握っていれば自分の立場は有利になります。

もちろん証拠があるからといって離婚する必要はありません。

配偶者の浮気の確固たる証拠を活かすも殺すも自分次第であり、上手く活用する事によって離婚を拒否したり離婚時に慰謝料を請求する事もできるのです。

相手によっては慰謝料を請求された事で浮気相手と別れるという例もありますので、証拠を握っておいて損はないといえるでしょう。

Pocket

パートナーの浮気でお悩みの方
  • パートナーの浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • あの人は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、パートナーの浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の無料相談はどこにする?


関連記事