男性が抗う事を許さない恐ろしき浮気ホルモン?!

Pocket

やってはいけないと思いつつも妻を裏切ってまで別の女性に惹かれてしまう、浮気をしてしまったという男性には本人にもどうすることのできない悲しき心理が隠されていました。

「浮気しろ」と命ずる?恐ろしきヤツの正体は?

何度浮気や不倫に関するトラブルで痛い目にあっても懲りずに浮気を繰り返す男性がいます。

彼らいわく「男性の性なんだ」「男性の遺伝子がそうさせているんだ」との言い訳。

「ああそうですか、それは仕方ありませんね」

なんて、物分りの良い女性なんてそう多くはいません。

確かに正しい?言い訳のようで、聞こえはいいですが女性を説得するには不十分かもしれません。

ただ、彼らは何も嘘をついていないのです。

残念ながら、女性が思っている以上に男性が叫ぶ「男性の性や遺伝子」に抗うことは、とてつもなく難しく無意識に浮気をしているってこともあるのです。

それは、男性の体に影響を及ぼすと言われる最高レベルのホルモン「テストステロン」が原因です。

浮気するしないにしろ、男性が浮気っぽい生き物と言われている理由はこのテストステロンが原因で、このホルモン分泌が異常な人ほど「浮気をしろ」と脳へ指令が強くなっているのです。

生きる為に必死で獲物を狙うハイエナと同じく、男が男でいるためには常に目新しいターゲットを探すという行為は体の健康的な反応です。

浮気ホルモンテストステロン

大切な人を裏切ってまで浮気や不倫をするよう、男性脳に指令を出しているテストステロン。

健康で体格がよく生殖力の高い男性ほどこのホルモンが多く分泌しています。

このホルモンは、別名「モテフェロモン」と呼ばれ本能的に女性をひきつけるなどモテる傾向にあります。

見た目は単なるオジサンでもこのホルモン分泌が異常な男性には、ニオイをかぎつけた女性が寄ってきます。

それは甘い蜜を求めたかってくるカブトムシのごとくゾロゾロと寄ってくるため、浮気しやすい環境にあるといっても過言ではありません。

しかも「遺伝子を残しなさい」という脳への指令に抗うことが出来ない男性は、本能的に女性を求め浮気が簡単に成立するのです。

テストステロンが多く分泌されている男性の特徴としては、男らしく最近の言葉で表現するところの「肉食系」です。

逆にテストステロンが少ない男性が「草食系」と呼ばれています。

浮気ホルモン、テストステロンが多く分泌される理由

女性をひきつけ、本能的に浮気や不倫に走りやすいホルモンテストステロンの分泌はどのように決まるのでしょうか。

多くの場合遺伝によって決まると言われています。

そのため両親が格闘家やスポーツ選手などの職業についている人、そのような体格をしている場合は自ずとその子どももテストステロンの分泌が多く、浮気しやすい体質であるといってもいいでしょう。

しかし、生活習慣や考え方などによっても分泌に大きな影響を与えると言われていますので、学業に専念した場合食事のバランスが悪かったりすることによってテストステロンが減少する可能性も考えられます。

また浮気ホルモン、テストステロンは女性からの人気を集めることが出来る為、出世がしやすくビジネスで成功する可能性も高いとされています。

良いか悪いかは別として、男性の浮気症にはこのようなフェロモンの関係もあるという事は知っておいた方が良いでしょう。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談して占ってみる
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法


関連記事