「コルチゾール」をコントロールして夫のストレス浮気を予防する!

夫のストレス浮気を予防する
Pocket

真面目で誠実な男性も、ある事をきっかけに「浮気」する可能性はあります。
メンタルが弱い男性ほど、浮気の可能性が高くなるので注意が必要です。

女性はストレスに強く、男性はストレスに弱い?

浮気の要因となる「ストレス」
仕事や家庭、人間関係等で生じるストレスは、上手に発散できずにいると、少しずつ時間をかけて心に蓄積し、いずれ爆発します。

爆発で向かう先、発散のはけ口として選ばれるのが「浮気」です。
しかし、人間社会は、「ストレス」だらけです。

自分なりの発散方法を身につけていなければ、途端にストレスにやられ浮気します。
ストレスの発散方法は色々とありますが、女性は、脳科学的にも心理学的にもストレスに強いといわれます。

その理由が、「オキシトシン」
オキシトシンは、幸福感を与える物質で、女性ホルモンと結びつく事で効果が発揮します。

さらに女性は、色々な事を他人へ話して、抱えたストレスを常に発散しているので、蓄積しにくい体質です。
一方、男性にも「オキシトシン」は分泌されますが、その量は女性に比べ少なく、その分ストレスを感じると、腎臓皮質から「コルチゾール」を大量に分泌しストレスに対抗しようとします。

しかし、コルチゾールは、快楽ホルモンドーパミンと男性ホルモンの分泌を阻害するため、ますますイライラや不満をつのらせるという悪循環を生んでしまうのです。
そうなると男性の脳内では、快楽ホルモンドーパミンを求め、お酒やギャンブル、その他、浮気へ体が向いてしまいます。

ちなみに、ストレスでコルチゾールが大量に分泌されると、うつ傾向に陥る事があります。
浮気を含む恋には、快楽ホルモン「フェニールエチルアミン」という物質を分泌する力があり、その分泌物は、うつ病の治療薬「抗うつ薬」ととても似ているので、コルチゾールの大量分泌でうつ傾向に陥った男性が、衝動的に浮気に走るというデータもあります。

浮気の「きっかけ」になるコルチゾール大量分泌の原因は?

コルチゾールが増えて、体内に悪循環を作るのは、「ストレス」です。
長時間ストレスを受け続けると、まずアドレナリンが分泌され、次に大量のコルチゾールが分泌します。

その時、副腎にかなりの負担がかかり副腎疲労という状態に陥ります。
その時の特徴が

  • 風邪を引きやすくなった
  • 夜、十分な睡眠がとれない
  • 太る、筋肉が衰える

男性の副腎を疲弊させてしまうほど、大量のコルチゾールを分泌させる「ストレス」とは。

  • 仕事の重圧や連日続く残業
  • 家庭内のトラブル
  • 病気
  • 妻の妊娠や出産

仕事の責任や残業で夜遅くまで働きずくめ、という男性は、その日の疲れを癒す事ができない、十分な睡眠が取れない等の要因からストレスを抱えやすい状態です。
また、夫婦間、家庭内にトラブルを抱えていると、精神的に追いやられ、うつ傾向になったり、自身や家族の病気、妻の妊娠、出産という環境の変化でストレスを感じたりします。

以上のことに心当たりがある場合や、それを機に夫の元気がなくなったなどに心当りがある方は、早めの対策で浮気を予防しましょう。

今すぐできる!コルチゾールを減らし、夫の浮気を防ぐ方法2つ

1、ビタミンC、DHAはコルチゾールを減らすお助け成分

副腎は、体内でもっともビタミンCを消費する臓器です。
そのため、ストレスによるコルチゾール大量分泌を減少、抑制して、副腎の疲弊を助けるには、ビタミンCの摂取が最適です。

また、コルチゾールは、朝に最も多く分泌されるので、朝食にビタミンCたっぷりの果物を取り入れるようにしてください。
青魚に含まれるDHAには、コルチゾールを抑えるオメガ3脂肪酸という成分が豊富に含有されているので、毎日の食生活で夫のストレスを上手に発散させましょう。

2、快楽ホルモン「フェニールエチルアミン」を過剰に欲する気分の落ち込みを治す

ストレスに長時間さらされると、気分の落ち込みがひどく、うつ状態に陥ります。
うつになると、体は無意識に「抗うつ薬」的物質フェニールエチルアミンを求め、妻以外の女性に依存しやすくなります。

精神的に落ち込みやすい人は、日光を浴びる時間が少ないというデータがあるため、起床時たっぷりの日光を浴びる事もポイントです。
人間は、太陽の光を浴びることで、体内時計が正常な機能に、疲れたら休み踏ん張る時に力が漲るという、健康的な体が維持できます。

しかし、体内時計が狂うと、休みたい時に休めない(不眠症)、頑張りたい時に力がでない(注意散漫、記憶力低下、日中の居眠りなど)という状況になるため、体の疲れがなかなか改善できず、次第にストレスがたまり、コルチゾールが大量に分泌され浮気傾向に。

インドア派の人、また深夜遅くまで起きるという方は、可能な限り正しい生活リズムを整え、朝は、朝陽をたっぷり浴びて起きるようにしましょう。

「「コルチゾール」を上手にコントロールしてストレス浮気を予防する!」のまとめ

真面目な男性ほど、ストレスに弱く、浮気の根源となる「コルチゾール」が大量分泌される。
その物質を抑制、減少するには

1、食生活でコントロール

コルチゾール大量分泌で疲弊する副腎は、ビタミンCを最も欲する臓器。
ビタミンCを補うことでコルチゾールの減少、抑制に繋がる。

2、日照を浴びる

体内時計は、日照量と深く関係している。
ストレスでうつになりやすい人は、日照量が少なく、体内時計が乱れているというデータも。

体内時計を正常に機能させるためにも、規則正しい生活と朝陽をたっぷり浴びた起床を。
ここ最近夫がストレスを感じているようだ、元気がなく男性らしさも失われていると感じたら、副腎が悲鳴をあげ、浮気への一歩を進むかも。

食事と規則正しい生活リズムを整えて、夫のメンタルをサポートし、浮気を予防しましょう。

Pocket

どうして自分は浮気されやすいのか?でお悩みの方
  • 気軽に相談できる相手がほしい!
  • わたしの運命と運勢は浮気に関係ある?
  • 生年月日や血液型で浮気対処法は違うのかな?
このような、お悩みを持っているのならこちらの方法がおすすめです。
浮気に関する悩みを相談!運勢で浮気を解決
パートナーの気持ちが離れているとお悩みの方
  • 相手の気持ちが浮ついているように感じる!
  • パートナーの気持ちを自分に向けさせたい!
  • 最終的に気持ちが戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
【男性向け】⇒浮気した彼女のこころを取り戻す方法
【女性向け】⇒彼の浮気をやめさせる方法

【既婚女性向け】⇒夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法

SNSで浮気発見

関連記事

SNSで浮気発見