「早く帰りたい」と夫に思わせる居心地のいい家庭とは?

Pocket

仕事が終わってもまっすぐ帰宅せず、必ず飲み屋を回ってくるという旦那を抱えている妻もいるようです。
その他にも、仕事はとっくに終わっているはずなのに、すぐに退社せず、いつまでも会社に残っているようだと感じている場合もあるようです。

本当に仕事なのか、はたまた飲み歩くのがすきなのか、真実は明らかではありませんが、どんな理由があるにせよ、仕事が終わると同時に、まっすぐ帰宅する人とそうでない人の二通りに分類されます。

なぜまっすぐに帰宅しないのか?

普通に考えると、長時間拘束されている身体を解放し、心から癒される場所は、自宅以外のほかにありません。
友人や同僚と時々は、ストレス解消のために飲み屋に寄り道をすることは悪いことではありません。

ただ、それが毎日ともなると、家庭内に問題があるとしか言いようが無いのです
家庭内の雰囲気がよければ、誰でもすぐに家に帰りたくなるはずなのです。

何かしらの理由をつけて、まっすぐ家に帰ることを拒否する夫を抱えている妻は、今すぐ居心地のよい家庭作りをはじめなければいけません。

今は、残業をしたり、飲み歩いたりする程度かもしれませんが、このままの状態を改善せずにいるといずれ、別の女性のところを癒しの場所にし、そのまま居座ってしまう可能性もゼロではありません。

夫の帰りが遅い、帰ってこなくなったと感じてからでは手遅れの場合もありますので、「早く帰りたい」と思うような居心地の良い家庭を作るよう努力してください。

ではどうすれば、夫が「早く帰りたい」と思う家庭を作れるのでしょうか?

夫が「早く帰りたい」と思う家庭作りとは

夫が早く帰りたいと思う家庭の作り方が分からないという方は、夫の立場になって考えてみましょう。
仕事でクタクタの身体を引きずり、帰宅する家がどんな風だったら嫌ですか?

逆にどのような家庭環境なら癒されますか?
クタクタになっているのは、誰のため、そして何のために仕事をしているからでしょうか?

そんな夫に対し、「いつもありがとうおつかれさま」といってあげるだけで、ものすごく癒される空間となるのですが、それを自然とやっていますか?

また、綺麗に掃除され、明るい電気のもと、温かな手作りの料理と、笑い声、ただ、それだけで夫は「早く帰りたい」と思うようになるのです。

とても簡単なことのようでいて、それが完璧にできていると自信を持って言える妻はどれだけいるでしょうか。
最近特に多いのが、店屋物、コンビニ弁当、冷凍食品などの力をかり、食卓に並べている風景です。

共働きの場合、どうしても家事と仕事を両立させることは難しいかもしれません。
しかしそれを覚悟で、結婚をし、仕事を続けているのですから、せめて1品だけでも工夫して温かい手料理を作る努力をしましょう。

それができなければ、せめて夫のために大好物のビールやスイーツ、などを冷蔵庫に準備する、などの気持くらいは必要です。

「早く帰りたい」と思う家庭とは、妻であるあなたが逆の立場になってみると、自ずとその光景がみえるのではないでしょうか。

夫が「帰宅したくない」と思う家庭とは

逆に夫が絶対に帰宅したくないと思う家庭とは、束縛しすぎる、検索しすぎる、口うるさい、家事や育児を放棄するなどです。

妻として母として、当然のこと。
しかしこんなにも当たり前のことができない妻は非常に多く、夫の帰宅拒否症を、さらに悪化させていることにさえ気づけていないのです。

それ以外にも妻が完璧すぎる場合にも、夫は帰宅拒否なるケースがあります。
完璧すぎる妻には、なんとなく心がリラックスできず、窮屈な気分になることがあります。

早く帰りたくなる家庭環境とは、目には見えないけど大きな心で夫を迎え入れ、緊張した心も身体もすべて解きほぐしてくれる唯一の場所であること、それが最低限の条件となります。

そんな家庭環境を作れるのは、とても小さいけど、妻の日々の努力と心遣いの積み重ねなのです。

Pocket

夫の気持ちが離れているとお悩みの方
  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法
夫が浮気をしているのかでお悩みの方
  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる

SNSで浮気発見

関連記事