一瞬にして旦那にラブラブ!!仲良しの夫婦はここが違う!

Pocket

せっかく結婚したんだから、目指すは夫婦円満。
良い夫婦にしたいと思っている方、いつまでもラブラブな夫婦に憧れている方も多いですよね。

互いの顔にたくさんのしわが刻まれ、その背中が丸くなってもずっと旦那に愛され、愛し続けたい、そんな理想的な夫婦になるには、どうしたらいいのでしょうか。

一瞬にして旦那とラブラブしたい方は、必見。
末永く夫婦円満でいられる秘訣ってどんなところなのか、紹介しましょう。

周囲の人にうらやましがられたいと願っている人は、今すぐ実践してください。

ラブラブな夫婦ケース1・手をつなぐ

手を繋ぐなんてそんなの当たり前じゃないと思っている人、ちょっと違いますよ。
夫婦がずっと仲良くいられるためには、単なる手をつなぐだけではダメなんです。

街中を歩くときなどに手をつなぐよりも、寝ている間のお布団の中、テレビを見ているとき、そうそうエッチのときなんか、指を絡ませるように手を繋ぐのがポイント。

妻であるあなたから1本1本の指を絡ませてきたら、一瞬に旦那にラブラブ感を与えられることができるはず。
手から伝わるぬくもりは、言葉なんて要らないほどの、強いつながりを感じる事ができるはずです。

ラブラブな夫婦ケース2・名前で呼ぶ

子供ができてしまうとどうしても「父ちゃん」「母ちゃん」と呼び名が変わってしまうもの。
ただ、いつまでも相手の名前を呼び合っている夫婦って見ていても本当にうらやましいものですよね。

一人の人間、女性として尊重されているようにも感じられますし、いつまでも恋人同士のような存在にも感じられるなど、幸せを実感し合える瞬間です。

ですので、夫婦二人の時は必ず「なまえ」や「ニックネーム」で呼び合うようにしてください。

また妻が、大勢の友達や夫の職場の同僚がいる中で、夫の事を苗字で呼ぶ場合もありますが、夫を立てているようでいて、そしてなんとなく出合ったときの初々しい雰囲気が楽しめてそれもまたいいですよね。

いつもとは違い、時々苗字で呼ばれる旦那も一瞬にてラブラブな幸福感を実感できるでしょう。

ラブラブな夫婦ケース3・デートをする

いつも同じ空間、同じ場所、同じ時間を共有している夫婦では、その関係がマンネリ化してくる場合があります。
それを打破するためには、時々は、若い頃に戻って外でデートを楽しめる夫婦でなければいけません。

単なるデートではなく、待ち合わせの場所を決め、そこで落ち合うのが鉄則。
夫の帰宅時間にあわせるのがベスト。

週末や誕生日、お給料日などちょっとしたイベントの日には、流行のレストランやショッピングセンターなどで待ち合わせをして、いつもよりちょっとおしゃれをしてデートをするのも夫婦円満の秘訣です。

主婦である妻とはまた違い、綺麗に着飾っている雰囲気は、一瞬にして旦那にラブラブ感を与えられるでしょう。

以上のようにいつまでも素敵な夫婦でいるために、色々な努力を楽しんでみてはどうですか?


夫の気持ちを取り戻す!ラブラブの秘訣はこちら
夫の気持ちを取り戻す!あなただけを愛するようになる方法

Pocket

夫の気持ちが離れているとお悩みの方
  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法
夫が浮気をしているのかでお悩みの方
  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事

SNSで浮気発見