妻のNGリアクションって?浮気対処でやってはいけない事

Pocket

浮気対処一つで夫婦関係が今後最悪の方向へ進むのか、それともこれまで以上により強い絆で結ばれるかに大きく変わります。

夫の浮気が発覚しても、離婚する気持がなく、夫婦仲再生を目指すならば、浮気対処でやってはいけない事がありますので、妻としてどのような行動がベストなのかしっかりと心得て置くようにしましょう。

やってはいけない事・夫を責め続ける

浮気をされたら誰だって相当なショックを受けるのは当然です。
誰だって理解できる、当たり前の心理です。

夫婦関係が長くなればなるほど、夫の裏切り行為でもある浮気は妻の心に大きなダメージを与えることでしょう。
長年同じ屋根の下で一緒に生活し、苦労もともに乗り越えてきた、二人の間には、大切な子どもも授かってささやかだけど幸せ・・・それなのに「なぜ?」という気持でいっぱいでしょう。

だからといってその辛い気持を夫にすべてぶちまけてはいけません。
その瞬間だけなら、許されるかもしれませんが、その後ダラダラと何日も何ヶ月も、そして事ある毎に夫の浮気を責め続ける行動をしてはいけません。

どうしても夫を責める気持と行動に歯止めがきかないというならば、いっそのこと離婚してしまいましょう。
そうでなくても、夫のほうから離婚を言い渡される可能性が高いでしょう。

浮気されてしまったショックから立ち直るのは容易ではありません。
しかし、それでも夫婦仲再生を希望するならば、気持をグッとこらえ、浮気をした夫のことを許せるようにしてください。

人間は、許す行為をしなければ、前に進むことはできません。
前に進みたいならば、笑顔で浮気をした夫を包み込んでください。

やってはいけない事・被害者モード全開

浮気をした夫は確かに責められてもいい存在です。
そして浮気をされた妻は、確かに誰が見ても被害者になるのかもしれません。

しかし、いつまでも被害者モードになっていると夫婦仲再生は難しいでしょう。
なぜなら、浮気をされた側にも原因があり、それを反省するといった行動の妨げになるからです。

夫の浮気は、夫だけの問題ではありません。
夫が浮気したくなるであろうきっかけを作ったのは、妻や家庭に問題があるのです。

それを素直に認めることで、今後の浮気対策にも夫婦関係再生にも繋がってくるのです。
それなのに、いつまでも被害者面されてしまっては、何一つ解決できず、また同じことを繰り返す危険性が高いと考えられます。

浮気の根本的な原因を改善するのを夫だけに押し付けるのではなく、妻であるあなた自身も反省し、改善していかなければ再び浮気問題が浮上しますので、被害者だと思わず、一緒に浮気問題に取り組む努力をしてください。

やってはいけない事・夫の実家に連絡する

一部の妻に見られる浮気対処法の一つに、夫の実家に通報するというケースがあります。
確かにお灸をすえるには、大変効果的なのかもしれませんが、それは絶対にやってはいけない浮気対処法です。

夫の気持になって考えてみるとよく理解できると思いますが、浮気をした夫は、妻からは無言の圧力をかけられ、ただでさえ居心地が悪く仕事からまっすぐ自宅に帰宅することができない状況にあります。

反省したくてもゆっくりと過ごす場所をうしなってしまった夫のよりどころとなるのが、実家なのです。
それなのに、実家へ通報されてしまっては、実家でもゆっくりと冷静に浮気についての反省ができず、途方にくれてしまうことでしょう。

そして最終的に夫がとる行動がまた別の浮気相手のもととなってしまうのです。
最悪のサイクルと作り出しているのは、浮気を防止した妻本人なのです。

早くそれに気がついてあげましょう。

Pocket

夫の気持ちが離れているとお悩みの方
  • 夫が浮気をしているかしていないかは関係ない!
  • とにかく、夫の気持ちをわたしに向けさせたい!
  • 夫が戻って来てくれるなら許せる!
そう、お考えのあなたならこちらの考え方がピッタリです。
夫の心を取り戻して浮気をやめさせる方法
夫が浮気をしているのかでお悩みの方
  • 夫の浮気の真実を知りたい!
  • 浮気を疑っている自分の情調が不安定・・・。
  • 夫は「浮気をしていない」と言い張るが・・・。
  • 夫が浮気をしているのか調べたい!。
  • 浮気調査の専門家について知りたい!。
など、夫の浮気で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
浮気調査の相談が無料でできる


関連記事